ようやく

regaeggaryjt

うちで最古参のトビズですが、3年半の飼育の末、遂に歩行時に150mmに到達したことが本日判明しました


飼育当初はまだ小さな幼体(5cmとかそこら)だったのですが、今や立派な大型個体になりました。素直に嬉しいです。喜びも一入といったところ





graegrea


これで遂に本土トビズ150mm、南方トビズ200mmを揃えることができました




B1のときから夢を見、それからすぐに「トビズが200とかありえんわ。本土は140、南西諸島でも180がせいぜいだろ」と思い込むようになったのですが、飼育している本土トビズは伸び続け、昨年11月に山原にて190mmほどのトビズを手にし、ここに至って「トビズで200mmは……実在する!!」と確信した次第です

それ以降、「本土で150、沖縄で200」を目標にしていたわけですが、遂に飼育下とはいえ、ようやく達成しました。この境地に。いや、ほんとに嬉しいです。あとはそいつらを採集することができれば完璧なのですが……師からは常々「飼育して大型トビズを作り出すつもりだな」と採集において大型個体に恵まれぬことを詰られもしましたが……




とはいえ、目標にしていた壁の一つを越え、もう嬉しくてたまりません。トビズだってやれば出来るんです。しかも気が荒くて、よく動いて、餌も物怖じせず目の前で捕食してくれる。そしてなにより「ザ・ムカデ」というこの体色……トビズこそが至高のムカデである何よりの証拠です



我がムカデの師はトビズ至上主義を掲げておられましたが、自分もその思想を受け継いでいる身、やはりトビズ、特に巨大なトビズには並々ならぬ想いと言うものがあります……欲を言えば、赤肢の巨大トビズが欲しいところですが、それは台湾産(とされている)の個体に頑張ってもらいましょう。最近餌を食べないことが少し気がかりですが……




とはいえ、小さい頃から育て上げた個体が自分の目標を達成するというのは、生き物を飼育する上で何事にも代えがたいものです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

到達が難しいとか珍しいとかってサイズに育つのはやはり嬉しいもんやね。

家のやつにも頑張ってもらわねば。




Re: No title

> 🐛 さん

まぁトビズに関しては何も考えずに飼育してるのが一番のような気がします。個人的にはデハーニを大きく育てられる人が羨ましいです
プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR