スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏真っ盛り

気が付けば七月も終わりに近付いてまいりました。何もすることなく夏突入です


utjethag


脱いでた







ほんでまぁ、夏と言えば採集ですね。というわけでムカデやらクワガタやら拾いに近所に出掛けました



o;iukyrsjatjstrj

現地で「お、これは良いサイズ」と思って捕まえたトビズ。一応130ありました。これを良いサイズと現地で思えたあたり、まだまだ感覚は鈍ってなさそうです。本土では100mmがトビズの巨大感を感じる壁だと思います。90mmと100mmでは全然感覚が違います






ytrhtrhrst

で、これが150mmです。先の個体と比べるともうまるで違います。130mmが子供のようです。以前までは130トビズなんて見かけたら「で、でかい。これはでかい」となっていたのでしょうが、やはり自分のとこのトビズと比べたら「なんだ、小物か」となってしまいます




野外で150越えるような本土トビズなんて捕まえたいものです






sgaegerga

で、昨夜同じとこ行ったらこんなものが落ちてました。いたんかお前……今後はより一層注意して散歩しないといけませんね









さて、明後日に一泊二日の屋久島行ってきます。サンプリングです。プライベートではありません
スポンサーサイト

ようやく

regaeggaryjt

うちで最古参のトビズですが、3年半の飼育の末、遂に歩行時に150mmに到達したことが本日判明しました


飼育当初はまだ小さな幼体(5cmとかそこら)だったのですが、今や立派な大型個体になりました。素直に嬉しいです。喜びも一入といったところ





graegrea


これで遂に本土トビズ150mm、南方トビズ200mmを揃えることができました




B1のときから夢を見、それからすぐに「トビズが200とかありえんわ。本土は140、南西諸島でも180がせいぜいだろ」と思い込むようになったのですが、飼育している本土トビズは伸び続け、昨年11月に山原にて190mmほどのトビズを手にし、ここに至って「トビズで200mmは……実在する!!」と確信した次第です

それ以降、「本土で150、沖縄で200」を目標にしていたわけですが、遂に飼育下とはいえ、ようやく達成しました。この境地に。いや、ほんとに嬉しいです。あとはそいつらを採集することができれば完璧なのですが……師からは常々「飼育して大型トビズを作り出すつもりだな」と採集において大型個体に恵まれぬことを詰られもしましたが……




とはいえ、目標にしていた壁の一つを越え、もう嬉しくてたまりません。トビズだってやれば出来るんです。しかも気が荒くて、よく動いて、餌も物怖じせず目の前で捕食してくれる。そしてなにより「ザ・ムカデ」というこの体色……トビズこそが至高のムカデである何よりの証拠です



我がムカデの師はトビズ至上主義を掲げておられましたが、自分もその思想を受け継いでいる身、やはりトビズ、特に巨大なトビズには並々ならぬ想いと言うものがあります……欲を言えば、赤肢の巨大トビズが欲しいところですが、それは台湾産(とされている)の個体に頑張ってもらいましょう。最近餌を食べないことが少し気がかりですが……




とはいえ、小さい頃から育て上げた個体が自分の目標を達成するというのは、生き物を飼育する上で何事にも代えがたいものです

夢の残骸

先日アボーンしたヤンバルと同じ日に採ってきたもの



gergerge

現在動きに問題はないものの、見ての通りである。これも死ぬのかね。思えば先日死んだ個体も体の殆どが腐り、曳航肢と第20歩肢の部分のみ綺麗な青色を残していた




一方、同日採集のベビーは未だ健在。大きくなると弱くなるのだろうか。それとも……なんにせよ、何かうまくいかない要因があるようである。さて……



まぁ、飼ってても面白みの少ないムカデではあるし、悪戯に消費するよりは現地で見る程度に収めた方が良いかも知れない。ほんとに見付けて採るだけのムカデである









67kiru6wy6

渡嘉敷3号。水に投げ入れられた直後。水も滴る良いムカデ

それ大物につき

奄美行ってきました。といっても、採集ではないです



そして帰ってきたらヤンバルが1頭ご昇天あそばされていました。エアコン積んでこのザマとはもうわかりませんなこれ。他のヤンバル連中は元気ぽいです




utejtqrgrth


さて、ここ数か月餌も食わず潜りっぱなしだったオートレージャスを土から穿り出してみたらどうも奄美に行ってる間に脱皮していた模様。でかくなっていました。体はまだぶよぶよしてました



や、随分とでかくなったものです。でかいものついでにこれも





graegrea

久米トビズ。よく餌を食べるのですが、なんか伸びたかなと思ってみれば、歩行時に200mm超えるようになりました



みたまえよ諸君、これが20cmのトビズだ。これがトビズの力だ



というわけでこのまま順調に伸びて次脱皮したら200mmを余裕で上回るサイズになるのではないでしょうか。ここまででかいとずっしりとした重さを感じます。いや、素晴らしい……






ここしばらくは何事もやる気が起きず、退屈な毎日を過ごしています。家に引き籠って映画を見てプラモ作って……という感じです。どこか、島に採集に往けたらまた充電されるのでしょうが、その島に行く気がなかなか起きないのが問題なのです

例のアレ

yyyywrwy


口永良部島は不思議な島です


ツチヤカブトがいればクチノエラブノコギリがいたりミシマコクワがいたりミシマサワガニがいたり……シロマダラもいましたね



ツクイムカデもアマミサソリモドキもいましたが、一番びっくりしたのがこれです





まぁ、これは写真写りの関係でこんな色になってるだけなのですが……しかし実際問題としてこの褐色ムカデがいるわけで

yhrshsy


すわアカズかとも思ったのですが、まぁ違いました。とりあえず暫定アオズということになっていますが、今後の研究次第ではアオズじゃなくなるかも知れません。その場合南西諸島のアオズたちもそうなる運命にありそうですが……そもそも頭青くないですしアオズにはしたくない……とりあえず、暫定クチノエラブオオムカデとでも呼びましょうか



kytyktr


褐色とこの緑赤肢はモルフという結果がでました。緑黄肢はまだやってないのでわかりませんが




このムカデ、普通のトビズアオズの感覚で飼ってみたら恐ろしいほどに落ちる。死ぬ。それはもう驚くくらいに。あっという間に10匹ほどいたのがいまや3匹です。しかし口永良部島は去年の採集直後に噴火して物理的にいけなくなり、補充が……まぁ、今は大丈夫そうですが







で、何故こんな意味わからんのがこんな島におるのだという話になるわけです。これには国内だけでなく恐らくはアジア地域全体もみないといけないわけですが、そんなのは誰かに任せればよい……ということで近隣の島をちょいちょい調べてみたいのですが何分時間がありませんでしたからねぇ……




一先ず屋久島ですが、ここは普通のトビズがいるっぽいですね。多分、屋久島はトビズとアオズくらいでは……ぼくはノコバゼしか見れませんでしたが




続いては三島村ということになるのですが、竹島もノコバゼしか見れませんでした。サソリモドキばっかです。あとマダラゴキブリ



このマダラゴキ、とある方に写真を見せたらびっくりされました




で、硫黄島は未上陸。残るは黒島ですが……結論から言うとオオムカデはあんま見れませんでした



頭部やや褐色、胴緑、黄肢の曳航肢真っ赤のやつが2頭、ベビー1頭で終了でした。見た目このタイプのものは口永良部にもいました


kkffkhfg

こういうの




というわけで、冒頭のムカデは現状では口永良部でしか見てないという結果ですね。口永良部ではあのムカデしか見れず、所謂トビズアオズはいませんでした




まぁ、去年の結果的にはそういうことで。今後に期待。トカラあたりも面白いかも知れない。奄美タイプのアオズいるようですし




問題はトカラと三島は昆虫採集が禁止と言うことである。ムカデは昆虫じゃないという言い訳が通じるとは思えない……というわけなので現地で写真撮るのに収めましょーねー








採集規制というのはこういうところで不便だ……







今更公開した理由はそろそろ行きそうな人が出てきそうなので先手を打っただけです


まぁやっすい「俺が一番だ」という自尊心です
プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。