マイティ・フッド

hhhhhhhh

いきなりですが、フッドが21日朝に完成しました



徹夜で作っていたのですが、まぁ、それはさておき。なんとか24日のフッド命日に間に合って良かったです





hood

1941年5月21日、18日にドイツの最新鋭艦ビスマルク出撃の報を受けた英国海軍は、ホランド提督が座上する英国海軍の力の象徴たるフッドと、最新鋭(慣熟訓練がされているとは言っていないし、機械的な問題がないとも言っていない)の戦艦プリンス・オブ・ウェールズを出撃させ、ビスマルクを迎撃することにしました


その三日後の24日、先にビスマルクと接触していた重巡ノーフォークとサフォークの誘導によりフッドはビスマルクと会敵。0553、先頭のフッドはドイツ艦隊に接近しながら砲門を開きます。ここに、悲劇と後の世まで語られるデンマーク海峡海戦の火蓋が切って落とされたのです。


ドイツ側は当初、重巡と思っていたのですが、砲撃の閃光から重巡ではなく大口径砲を積んだ艦――つまりは戦艦か巡洋戦艦であると確信。しかし、司令のリュッチェンスは応戦指示を出しませんでした。当時のドイツ海軍は上からの交戦に関する縛りが酷かったのです


英国艦隊は左に転舵、その長くスラッとした艦首と二基の連装砲塔、時代遅れの艦橋をドイツ海艦隊に見せつけ、このとき、ビスマルク艦内では「フッド――敵の先頭艦はフッドです!!」という叫びと共に緊張が走ったと言われています。眼前の敵は、度重なる図上演習で"脅威"とされてきた、嘗て世界最大最強を誇った巡洋戦艦だったのです


ここにきて、リュッチェンスは応戦を決定。プリンツ・オイゲンとビスマルクはフッドに砲撃を集中させます



ところが、フッドはここでミスを犯していたのです。ドイツ艦の似通ったシルエットに騙され、プリンツ・オイゲンをビスマルクだと思って砲撃していたのです。ウェールズは提督の指令を無視して後続艦――つまりはビスマルクを砲撃したのですが、これがまずかったのかも知れません。ロクに訓練もされず、ウェールズが機械的な問題を抱えており、工員を乗せて作業しながらの出撃ということもまずかったのかも知れません(撃った直後に主砲が1門壊れた)



戦闘開始数分後の0557、フッドにオイゲンからの砲撃が命中しました。フッドは炎上します。しかし、これは致命傷にならず、まだフッドは余裕があったのです……が……



0600、フッドに運命の一弾が放たれたのです。ビスマルクの第五斉射の一弾はフッドの薄い装甲を易々と貫通して炸裂。トーチランプのようだったと形容される火柱を上げ、直後に主砲の弾薬庫に引火、砲塔が天高く舞う程の大爆発を起こし、一瞬のうちに船体が分断されてフッドは砕け散ったのです



このとき、ビスマルク艦内では「フッドが吹っ飛んだぞ!!」という日本語にしたら寒いおやじギャグのような放送があり、一瞬の沈黙の後、割れんばかりの歓声が上がったそうです



大爆発を起こしたフッドは艦首を鋭角に持ち上げて中央部から海中に没し始め、しかしその最中、息絶えながらも最後の力を振り絞って艦首の主砲がビスマルクに向けて斉射を放ちます。これが命中していたらよく出来たお話になるのですが、残念ながら命中はしなかったようです。そしてフッドは完全に海中に姿を消しました。あとには燃え盛る残骸と油だけが浮いていたのです


しかし、その姿にビスマルク後部主砲砲術士官のレッヒベルク氏は敵ながら大変感銘を覚え、言葉に尽くせぬ尊敬の念を抱いた、と記しています



1419人の乗員のうち、生存者はたったの3名。英国の誇りはドイツの野望に完全に打ち砕かれる結果となったのです




その後、ウェールズも艦橋を吹き飛ばされて撤退。怒りに打ち震え、復讐を誓う英国海軍は持てる総力を結集してビスマルクを追撃、27日の朝、ビスマルクを徹底的に砲撃してなぶり殺し、洋上の廃墟に仕立て上げました。一般的には英国海軍に撃沈された、というのが正しいのですが、沈められる前に自沈命令が下されていたため、鼎はビスマルクは自沈だった説を信仰しています



しかし、英国の怒りは収まらず、その後もドイツ海軍艦艇は執拗な攻撃を受け、シャルンホルストの悲劇、グナイゼナウの末路、ティルピッツの悲惨へと繋がっていくのです




海底調査の結果、フッドの残骸は完全に破壊されており、残骸もいいとこだったようです



なおオイゲンに撃沈された説もある模様




hood2

作ったのは1931年状態のフッド。フッドが世界最大・最強・最美麗の名を欲しいままにしていた時代


スカゲラク沖海戦の反省を取り入れ、素が優秀だったということ、そして急な戦局によって時間がなかったということが災いし、フッドの大改装順位は低かったそうで、このことがフッド喪失に繋がったと言われています。快足を誇ったのも昔の話で、ビスマルク追撃戦のときには老朽化で26ノットにまで低下していたこともあったのでしょう




しかし、やはり巡洋戦艦とは美しい……作りかけで放置していたキットですが、ここにようやく完成しました。偏にマスキングゾルの活躍があったからです




もうめんどくさくて隙間も埋めてないし、エッチングを数点とアンカーチェーンの使用、後部マストとファンネルキャップで真鍮線工作したくらいの手抜き素組ですが、それでも形になるのが喇叭のキットの良い所。悪い所はパーツ構成と合いの悪さと離型剤とエッチング説明書の不親切さ



hhhh

改装グナイゼナウと。ドイツ艦と違い、フッドは錆があった方が美しく感じます


鼎はドイツ艦スキーですが、フッドとレパルス、ウェールズだけは英国艦の中でも別格で好きです。きっと古臭いから良いんでしょう(ウェールズは幼少の頃に見たアニメンタリー『決断』のマレー沖海戦回の影響だと思われます)






ところで、近年は大戦時の艦船を擬人化したものが大流行しているのですが、それより遥か前からそういう漫画が出ていたことをご存知でしょうか

daadadadadas

鋼鉄少女。作者は台湾の方。何やら艦これのパクリだとか言って抗議した不届き者がいたそうですが、艦これがむしろパクった方なのであしからず。ちなみに空母のデザインはこっちの方が優れています



まぁ、この漫画にはフッドが出てくるんです


dasfafsasfasf

これ。如何にもババアキャラっぽい。ババアムリスンナ……




fasfsfa

可愛い。というか、画集といろいろ違う気がしてならないのですが、外伝の欧州編では別人となっていたので特に大きな問題ではない



艦これの擬人化は捻りがないので(特に金剛とか金剛とか金剛とか金剛とか)、もう少し頑張るべき


それ以前の問題として、同じキモオタの鼎から見ても艦これやっている人間の一部が一々艦これネタ持ってきてるのが寒い上に艦船の名前を叫んでなでなでされたいだのしたいだの甘えたいだの云々言っている姿があまりにも気持ち悪いのでそろそろ艦これブーム収束してくれねぇかなぁとか思う次第



艦これが流行ったところでシャルンホルストや装甲艦の1/700がリニューアルされるわけでもないし、軽巡のキットが出されるわけでもあるまい……
スポンサーサイト

就役。そして建造

長かった……




d

十日ほど掛けてZ38も竣工




iii

グリーンマックス→ピットロード→タミヤと金型が受け継がれているベテランキットのZ級。アオシマのビスマルクにもちゃっかりオマケで付いてきています。これはそのオマケを使いました



まぁ、古いキットですので色々と問題点があったりします。とりあえず舷窓をピンバイスで開口。くっそずれたりして汚いですが……


また、マストも真鍮線に置き換え、中央砲座の支柱も真鍮線にしました(単に折っただけ)。他と細さが違うので違和感



確かに手直しして作っていますが、そこまで手を入れていないのと、もう力尽きたのもあって悲惨な出来に……ウェザリングもし過ぎた感が否めません



ファンネルキャップも抜いたのですが、流石に第二煙突は抜けんかった……




まぁ、あの汚いグナイゼナウと並べる分にはいいのではないでしょうか。というわけで



herh

収納!!


こうして見ると大きいですね。15センチ砲ですし、駆逐艦とは思えない




双方共に出来が汚いので、並べても違和感を感じません(白目)



もっと上手く作りてぇなぁ……





そんなわけで、就役させに行きましたよ



htehte

就役。研究室の鼎の机にて



うむ。これなら鼎の机っぽいな



ttthtr

鼎が大改修を施しながら作った割にはマシな出来だと思うのですが、どうでしょう。単にエッチングとか使ってるからそれっぽく見えるだけかも



一ヶ月……この日を待っていた……



で、まぁ、眺めながら愉悦に浸っていたのですが、女先輩に「この辺(ボラード周り)がリアルじゃない」とか言われたり(超絶作例にしろと言っているのでしょうか)、ケースとガッと掴んで「大波~」とガタガタやられたり、マストをビンビンされたりと来週には破壊されていそうな雰囲気



おう、こいつ作るのに手持ちのエッチング使ったから安く収まっているとは言え、合計すると二万以上費やしているんで壊したら弁償な


と言ったのですが「壊されて困るようなものを持ってくるほうが悪い」という小学生理論を展開されましたがな……ファック。人のものに勝手に触んなきゃ壊れない話である



そんなんだからアフリカマイマイを殺したらダメとか言う似非自然保護者なんだ。そのくせ魚虐待して「ラクにしてやるか」とか言うしな




え、母港に帰港させろって?




それもそうだな……でも研究室の机に置いて自己主張したいじゃん……まぁ、どうせエスモたんを出撃させるんだけどさ








そんなわけで、次はいよいよ十年近くほったらかしにしてきたコイツの出番


;p:iyotyut

yrjyjrtrt


HMS レパルスがいよいよ建造再開


ヴァンパイアと並べる予定。余裕があればプリンス・オブ・ウェールズとみんな大好きフッドも並べるか……

竣工

一ヶ月以上前から作ってきたグナイゼナウが遂に今朝竣工しました



tetetwe

シャルンホルスト級の特徴である、端整な佇まい



htjete

Z計画が完了したとして、マストを後方へ移しSK C/34 38cm連装砲を搭載




grgaekykty

艦首を10m延長。1/700にして14mm強




dasda

クレーンもビスマルク級のものに変更





1942年、ツェルベルス作戦にてドーバー海峡を突破し、一度機雷に触雷しつつも無事にブレストからドイツ本国へ戻ることが出来たグナイゼナウであるが、修理中に英国爆撃機の空襲を受け、弾薬庫を粉砕されて大破する。これの修理に伴い、予てより計画されていた主砲の換装が行われることになった。増大する重量対策として、艦首を延長する工事も行われる予定であった


しかし、バレンツ海におけるレーゲンボーデン作戦の失敗から、ヒトラーは主力水上艦の建造中止命令及び解体を命じる。これによって、グナイゼナウの改装工事も中断され、解体されることとなった。海軍総司令レーダー提督は辞任し、後任としてデーニッツ提督が就任した


デーニッツはヒトラーの主力水上艦解体命令に反対し、シャルンホルストをノルウェーに派遣すると共に、グナイゼナウの建造再開を要求する。艦隊を運用する燃料に不安を抱えるドイツ海軍だが、元より主力水上艦が少ないドイツ海軍にとってグナイゼナウは貴重な存在だったのである


こうして作業が一時中断されたグナイゼナウであるが、鋼材も工員も不足しているドイツにおいては奇跡とも思える早さで建造作業が勧められ、1943年の秋には作業はほぼ完了したのである。同年12月25日、援ソ輸送船団撃滅を目的とした『オストフロント作戦』が開始され、エーリッヒ・バイ提督率いるシャルンホルストと駆逐艦四隻がノルウェーのアルテンフィヨルドより出撃することとなった


これを支援するため、改装がほぼ完了していたグナイゼナウにも出撃が命令された。訓練をする間もなくの出撃であった。また、延長した分の艦首の甲板の木材が不足していたため、鋼材を張って対処した。舷側の装甲帯の上にも薄い鋼材を張り、舷窓を塞いで防御力の増強が図られた。その代り、ただでさえ深い喫水が更に深くなり、様々な支障をきたすこととなる。他にも、クレーンをビスマルク級のものに置き換え、煙突後部のマストも後方へと移された


シャルンホルストに遅れること数刻、駆逐艦Z38と共に出撃したグナイゼナウはシャルンホルストを追って北方海域へと向かった


Z38を別離させたグナイゼナウは26日、シャルンホルストが英国艦隊と接触したという報を受け、シャルンホルストと合流すべく現場へと急行。シャルンホルストと合流したのは1543時であったが、その一時間後にデューク・オブ・ヨークを主力とする別の艦隊と二隻は接触、砲門が開かれた


二隻は軍部の命令通り、戦艦との交戦を避けて逃走を開始したが、その直後にシャルンホルストが機関室に被弾、速力が低下することとなった。グナイゼナウもシャルンホルストを援護して撤退すべく速力を落とし、英国戦艦へと砲撃を開始した


しかし、訓練を行えなかったことにより、砲撃が始まってすぐに三番主砲が故障して砲撃不能に陥る。その直後に艦尾に被弾、推進器に損傷を受けてグナイゼナウもまた、行動を制限されることとなった


その後の砲撃戦により、全主砲が破壊されて砲撃不能、副砲は全弾を撃ち尽くし、魚雷発射管も損傷して戦闘力を喪失したグナイゼナウは英国艦隊に一方的に攻撃され、シャルンホルストに先立つ1814時、燃えながら真冬の北極海に没した


1825時、「我々は最後の一弾まで戦い抜く」の一文を総統大本営に発したバイ提督のシャルンホルストは単艦で英国艦隊との戦闘を強いられ、その一時間半後の1945時、シャルンホルストもまた、グナイゼナウの後を追って極光に消えていった


こうして、ドイツ主力水上艦が通商破壊を遂行できることが不可能ということが証明され、以降、水上艦は出撃することなく、ノルウェーに立て籠もる待機艦隊として英国海軍に睨みを利かせていくこととなる。ドイツ海軍水上艦が自由に海洋に出る時代は終わっていたのである






以上、妄想でした





gwgwe

クリアーを吹いたらなんかやたらツヤツヤしてしまった……



fasas

遠目から見たらそれっぽいですが、実際は相当汚い。雑の一言。クレーンもアームずれてるし……クレーンにワイヤー追加したり、リギングもしてみたいのですが、今回はパス。今回はエッチングの練習ですし




ちなみにスペース空けてるのはわざと。このあとZ38も収容する予定



ベースは百均の板を切ったもので、アクリルケースそのものは外注しました。Z38も出来たら研究室の机に設置予定





Z38を作り終えたら、今度はかれこれ十年近く放置しているレパルス作る予定。ヴァンパイアと並べてまたしてもアクリルケースに収容する予定




巡洋戦艦フェチなんや

KriegsMarineSchiff

艦これのアニメ終わりましたね



まぁ、色々非難されてるアニメでしたね。ここまで酷評されたアニメも珍しいのでは


え、キャベツ?よあけなはアニメ化されてないだろ、いい加減にしろ



アンチ・艦これを自称する鼎は批判するためにアニメを見ていたわけですが、信者の掌返しっぷりと滑稽な姿にむしろ同情の気持ちが湧いてアニメを擁護する立場になってしまいました。元ネタはアレですし、信者はアレですし、アニメもこのザマとは、救いのないネタですな




アニメとしての面白さやら云々はさておき、まぁ、あの元ネタをむしろよくここまで上手く処理したと思うのですが、如何でしょう?



公式が二次設定を云々という意見もありますが、むしろ二次設定しかないようなネタなんですから、必然的にそうなるのでは?あとファンサービス



戦闘シーンが淡泊とか、シュールとか、予想されたオチ云々に関しては擁護しない。そもそも、静止絵とアニメは別物です故に、仮に静止絵が決まっていても、動かしたら悲惨なことになるというのは当然のことなので、絵面のシュールさに関しては置いておきましょう。だから水上スキー方式はアニメに合わないと言ったんだ




この状況下で続編を作るというその心意義や良し。単に艦これが金になるからかも知れませんが……まぁ、いいんじゃないんですかね。やりたいようにやれば







鼎には関係のない話です。世の艦これ厨が女の子の画像でワイワイ騒いで艦船を語っているのを小馬鹿にしながら、鼎は家でグナイゼナウ作ります





book

んで、一昨日注文した本が早速昨日届きました。前から欲しかった本です。これは1997年あたりに発行された『ファイティングシップシリーズ ドイツ海軍水上艦艇』という本の内容を編集して再録したものです


前シリーズはvol.3だけ持っておりまして、探しているのですがなかなか見つからない……



仕方なく、アマゾンで編集版のこれを購入した次第です。vol.5まであるのですが、とりあえず現状で必要な分を購入しました。近いうちにvol.3の巡洋艦・掃海艇、vol.5の魚雷艇・水雷艇を買います




なんで巡洋艦を飛ばしたかと言うと、現状で作る予定がないからです。オイゲンなんかはもうかれこれ十年近く積んでいるのですが、何故か作る気力が湧かない……そろそろ作りますかね。それよりヒッパーとブリュッヒャー作りたいんですが、喇叭のキットはどこにありますか?オークションで落とすしかないんですかね




あと、ついでに言うならタミヤのオイゲン改造してザイドリッツ改めヴェーゼル作りたい。鼎は伊吹といいヴェーゼルといい、巡洋艦を改装した空母が何故か好きです。単にスマートだからかも知れませんが。スマートな艦も大好き



もしくはO級作りたいです。シャルンホルストを改造して作るレジンキットがあるらしいですが、高いうえにそもそも売ってない。もう絶版でしょうか。これまたオークションだな



しかしクリーグスマリーネが侵略されており、イタリア海軍も侵略される可能性が濃厚なので、このグナイゼナウ作ったらカイザーライヒスマリーネに逃げてデアフリンガーでも作りましょうか。ドイツ海軍艦艇写真集買わな……あとビスマルクとティルピッツの新しい洋書……







gneisenau


来月までには完成する予定……




実艦と同じく製作過程で計画変更をし過ぎたせいで完成がかなり遅れています。もうエッチングなんて使わないよ(ホースリール作りながら)

シジライン作戦

今更ですが、グナイゼナウ作るにあたって塗装の参考にするべく手持ちの資料を見たら恐るべき事実発覚




今までノール岬沖海戦のときのシャルンホルストの迷彩だと思っていた例の中央ダークグレー、あれはシジライン作戦のものだと判明。かれこれ九年ほどその文字に気付きませんでした。わたしも人のこと言えないクソにわかです


だってノール岬沖海戦特集のページのシャルンホルストの写真がその迷彩だけだったんだもん



つまりシジラインでその迷彩にし、オストフロントの直前であの波波迷彩に変えたわけですな、きっと



……てことは、今鼎が作ってるグナイゼナウ、シジライン迷彩なんですがそれってヤバくないですかねぇ()


おいおい、どうすんだよ。もうやり直しきかないぞ……仕方ないのでそのまま作ります。資料はよく読んでから作りましょう






まぁ、そんな感じでクリーグスマリーネスキーを自称しといてこのザマなのでアレですが、グナイゼナウもそろそろ完成に近づいてきましたよ。ここまで一ヶ月。四月までに完成させたいところです。そしたら研究室の自分の机に置くんだ……




そういえば、春ですね。長い冬が終わりました。この暗い闇の底で半年もの間耐え続けてきた我々に、ただの採集では最早足りない……



そういうわけで、GWは実家に帰ってギフチョウとユキグニコルゥルィコルリクワガタを採ろうと思います








が、本国よりGWの帰投は不許可されました。さよなら、ギフチョウとコルリクワガタ





そういうわけですので、GWは屋久島かどっかに行こうと思います







金があれば
プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR