マダガスカルの紅い悪魔

なんて厨二なタイトルを思い浮かべてしまいました。未だに厨二病が治ってないので仕方ないですね。どうでもいいのですが、紅いというより褐色ですな。紅い悪魔は南米のアレに相応しいかと

S.s.subspinipes

さてさて。まぁ、ムカデですね。マダガスカルムカデという名前で流通しているものです

同定の結果、オオムカデ(Scolopendra subspinipes subspinipes)という結果に。根拠は曳航肢のトゲの数でしょうか。ソースはハイナンオオムカデの記載論文。ネットに落ちているかと思います。本当は歯板とかも見たいのですが、そっちは種ごとの違いが判る自信が全くないので、確認していません。いつか確認しようと思います。ちなみに、英語圏ではGiant South Pacific Centipedeという名前で流通しています

直訳すると「南太平洋オオムカデ」なのでしょうが、鼎の手持ちのはマダガスカル産ですし、調べによるとカリブ海のバルバドス島に生息する「バルバドスオオムカデ」もこの種だそうです。アフリカ大陸にもいるとかなんだとかで、まぁ、南太平洋に限らず、赤道直下を中心に広く分布しているということでしょう

ちなみに日本にも生息しています。それは世界自然遺産の小笠原諸島です。鼎の大学の教授によると、グアムだったかサイパンから米軍の荷物にくっついてきたそうです。そしてそれを駆除するために米軍がオオヒキガエルを導入して大被害

それはさておき、小笠原のものはオガサワラオオムカデという名前でマニアの間では通ります



性格は凶暴

餌ももしゃもしゃ食べますし、丈夫で飼いやすいムカデです。最大でどれくらいになるかはわかりませんが、20センチ近くにはなると思います。現在10センチほどですから、もう少し大きくなるでしょう。トビズと同じような飼い方で大丈夫だと思いますが、熱帯域のムカデですので加温は必須

まぁ、鼎の実家のような雪国でなければ普通に日本の冬も耐えそうですが、実践して死んでも鼎の責任ではありませんので、ちゃんと加温してください

個体差がありますが、鼎のものは肢の赤が強く出てて割と綺麗な個体です。褐色の体に真っ赤な肢、緑の肢先が美しいですね。

そういえば、南西諸島には褐色の体に赤い頭部、黄色の触角と歩肢・曳航肢のムカデがいましたね。トビズの南方型であると鼎はムカデ師匠から教わりましたが



スポンサーサイト
プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR