GWの予定

もう少しで五月ですね


だいぶ暖かくなってきました。そろそろムカデの連中も姿を現してきます。梅雨時はムカデ最盛期です

今年も調査に行く予定でいます。赤肢タイプのトビズムカデ、ノコバゼムカデに大好きなツクイムカデを採りに行きましょうかね


もっと暖かくなったらクワガタも採りに行きたいです。六月は宮古島に行って、夏休みは小笠原に行こうと思います

う~ん、今からでも楽しみですね。十月には鼎初の海外・済州島に行きます


宮古島と済州島は学部の関係で行くことになるのですが、そこは鼎ですから

なんで授業を休み、地獄のようなワッチ(船のブリッジに立って見張りをするのです。四時間見張ったら八時間寝て、また四時間見張りというのをワンセットに、時間帯を変えて交代で行います。これが地獄の様にキツイ……)を耐え忍んで遠い島や某K国に行くのかと言いますとですね




そこにムカデがいるからです、はい

宮古島にはタイワンオオムカデとアオムカデ連中、運が良ければリシダやその他オオムカデがいますし、サソリ二種類もいるのです

済州島にはアオムカデの一種、チョウセンムカデを狙いに行きます

鼎の個人研究と趣味のために、同じ部屋になる方々には我慢していただきましょう(こっそりやりますよ、ええ)

まぁ、済州島からムカデ輸送は無理でしょうなぁ。残念。写真で我慢です



まったく学部と関係ないのですが、そりゃあ南の島や海外に行けるとあれば行きますよ。ムカデのために。鼎はムカデに関してはいつでも全力です。ほんとに今の学部にいて良いんですかねぇ、鼎は。まったく別の学部な気がしてきました

そういえば、済州島にはOtostigmus aculeatusはいるのでしょうか。多足類読本という多足類愛好家のバイブルによると、発光液を出すことが知られているそうです

光るムカデですよ。実に興味深いではありませんか。いるといいなぁ。あわよくば捕k……なんでもありません


まぁ、そんな感じで今のうちからウヒウヒ言ってます。まだ見ぬムカデに思いを馳せながらニヤニヤして今日も今日とてムカデの世話をするわけです

島に行きたいなぁ
スポンサーサイト

許せないことだってある

頻繁に酔っぱらってるとは言ってはいけない

今回は前回の酔っ払い記事に比べてマトモです
あんな自分が今、何をタイプしているかとか、タイプミスが連発するような状態ではないです


ジンのストレートじゃなくてホットウイスキーだからですよ、きっと
学生の鼎は貧乏なので安めのお酒を呑んでいますが、オススメのお高いお酒があれば教えてください

日本酒は実家に連絡して送ってもらえるので、ウイスキーとかジンとかウォトカがいいです。ワインでもOKですよ

個人的にはイェーガー・マイスター呑みたい


まぁ、学校始まって、明日…というか今日も学校なのに鼎が呑んでいるのは時間割が余裕だからです、はい


で、ですね。今回のタイトルですよ

なにが許せないって言いますとね、わたしは一人で静かに、ちびちびと、一日を振り返りながら映画を見てお酒を呑むのが好きなんですね、はい

なのにですよ!



チビクロバネキノコバエのくそやろう(酔ってる故の暴言です)がですね、わたしが呑んでいる最中のウイスキーの入ったコップにダイブしてたんですよ

蟲飼いの宿命とはいえ、これは許されません

わたしは深夜なのに怒り狂いました

怒り狂って思わずキッチンで伸ばしランナーを作ってボキボキ折って遊んでしまいました



意味が分からない……

まぁ、酔ってるときの記事なんてこんなもんですよ、はい





寝よう

それはそうと一昨日から首が凄く痛いです

酔っ払い

酔っ払いがやることとと言えば、ゲームか読書ですね

ということでネトゲをしたのですが、酔っ払い+もともとゲームがヘタクソ+しばらくやってないことも相まって、全然活躍できんとです

というわけで読書をしましょう!


買ってから全然読んでない鈴木光司の「エス」、「タイド」を読まないといけないのですが、何故だかあまり読む気がしない......

それよりも、レ・ファニュの「吸血鬼カーミラ」やテオフィル・ゴーティエの「クラリモンド」といった古い文章を読みたくなるわけです

高校生のときを含めて、何周したのでしょうか、この書籍......

鼎は今の学部に行くか、文系に進んで民俗学を学んで吸血鬼の研究をしようとか真剣に考えていたほどの厨二病+吸血鬼好きという残念な理系大学生です



あかん、何を自分が書いているか分からない+誤入力が多い……

まぁ、あれですよ

鼎は吸血鬼が大好きということと、酔っぱらうと普段に増してわけのわからないことをネットの世界に駄々漏れさせる残念な大学生というわけですよ

こんな状態じゃ予定していたリシダムカデかタイワンオオムカデの記事なんか書けないよ

ふるいさん家の親戚

エイプリルフールに嘘を吐こうと思ったら嘘が思い浮かばないままエイプリルフールが過ぎていたので、苦し紛れに「新しくムカデ買った」と言ってみたら本気にされたとです

よほど信用がないらしい......



E.trigonopodus1
Ethmostigmus trigonopodus

アフリカ大陸に生息しているアオムカデの仲間です

アオムカデの仲間としては巨大で、この個体は12cmほどあります。大きいと20cm近くになるのかな

主にタンザニア、ケニアのものが流通していて、○○ブルーレッグ、○○ブルーリングという名前で売られています。イエローレッグの個体もいるようです。ブルーレッグ、ブルーリングの違いは、歩肢の青色の違いで分けられます。完全に真っ青ならブルーレッグ、歩肢の節それぞれの真ん中あたりが青くて関節付近が黄色のものはブルーリングという感じのようです。この個体はブルーリングですね。種は同じだと思いますよ。基本的にブルーレッグの方が高いです

ちなみにわたしのえすもたんはタンザニアグリーンブラックという名前で売られていました。こんなイレギュラーなパターンもあるので、よく吟味して購入しましょう


タイトルにもある「ふるいさん」ですが、これはフルイムカデEthmostigmus platycephalus hiroiのことです

日本動物分類オオムカデ目によると、フルイムカデはパラオにいるそうです。ジェリーフィッシュレイクとかがある、あのパラオです。行きたいですねぇ。こないだパラオに行きたい、と言ったら、みんなしてクラゲ湖いいよね、と言うんですよ

言えない……ムカデを採りに行きたいだなんて

そんなふるいさん、wikiによるとEthmostigmus rubripesの亜種でEthmostigmus rubripes platycephalusが正しい……そうです。hiroiはどこにいった……。こういうのは困りますよ、高桑先生

黄色に黒帯(オホムカデ目によると、栗色で各胴体背板後縁に緑色を添加している)という、どっかで見たことある模様のムカデです。ほんっとうにお前ら似たような色してるのな。大きさは小柄だそうですが

高桑先生によると、南太平洋の島(どこか忘れた)には巨大なフルイムカデ=巨大なえすもたんが生息しているそうです。E.trigonopodusのベビーは黄色に黒帯という模様で、もしかしたらパラオのフルイムカデはその巨大エスモの子供かも……とか思ったこともあるのですが、フルイムカデは大人になってもこういう模様だそうでして、高桑先生が目撃したという巨大エスモとはなんだったのか気になります。これはもう、採りに行くしかありませんな!!というか、エスモって分布が案外広いのですね。南半球あたりを中心に広く分布している感じなのかな

そんなえすもたん、飼育は非常に簡単です。というか、もう飼育方法とか書かなくていいよね。ムカデなんてみんな同じなんだしさ

非常に大人しいムカデで、給餌の際、喰ってる最中に餌を摘まみあげてもそのまま釣れ、手の上に乗せればそこでもしゃもしゃ食べるほどの器の広さを見せつける、初心者におすすめのムカデです。どこぞのスコペンと違い、ダイナミックな捕食ではありませんが、ゆっくりおずおずとピンセットから餌を持っていく、愛らしい奴です。個人的には寸動で短足なところも親近感が湧くので好き。可愛らしい。ある程度の大きさもあるので、飼いごたえも十分。よきムカデです
E.trigonopodus2


割と乾燥に強い印象

E.trigonopodus3

E.trigonopodus4


どうでもいい余談ですが、ムカデ人間、ムカデ人間2を先輩数名と一緒に見たのですが、2で精神科医?が「ムカデは男○の象徴」とかいう素晴らしい、ムカデ飼育者に対する偏見に満ち溢れた発言をしてくれたおかげでわたしはしばらく「おい、鼎。なに○根を手に乗せてんだよ」とか「ムカデは男○の象徴www」といじられました。世間のムカデ飼育者に対する認識と偏見の片鱗を垣間見たのですが、このような偏見をわたしは決して許さないと誓いました
プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR