スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふるいさん家の親戚

エイプリルフールに嘘を吐こうと思ったら嘘が思い浮かばないままエイプリルフールが過ぎていたので、苦し紛れに「新しくムカデ買った」と言ってみたら本気にされたとです

よほど信用がないらしい......



さてさて、わたしの大好きなアオムカデの仲間としてはおそらく最も流通しているムカデでしょう
E.trigonopodus1
Ethmostigmus trigonopodus

アフリカ大陸に生息しているアオムカデの仲間です

アオムカデの仲間としては巨大で、この個体は12cmほどあります。大きいと20cm近くになるのかな

主にタンザニア、ケニアのものが流通していて、○○ブルーレッグ、○○ブルーリングという名前で売られています。イエローレッグの個体もいるようです。ブルーレッグ、ブルーリングの違いは、歩肢の青色の違いで分けられます。完全に真っ青ならブルーレッグ、歩肢の節それぞれの真ん中あたりが青くて関節付近が黄色のものはブルーリングという感じのようです。この個体はブルーリングですね。種は同じだと思いますよ。基本的にブルーレッグの方が高いです

ちなみにわたしのえすもたんはタンザニアグリーンブラックという名前で売られていました。こんなイレギュラーなパターンもあるので、よく吟味して購入しましょう


タイトルにもある「ふるいさん」ですが、これはフルイムカデEthmostigmus platycephalus hiroiのことです

日本動物分類オオムカデ目によると、フルイムカデはパラオにいるそうです。ジェリーフィッシュレイクとかがある、あのパラオです。行きたいですねぇ。こないだパラオに行きたい、と言ったら、みんなしてクラゲ湖いいよね、と言うんですよ

言えない……ムカデを採りに行きたいだなんて

そんなふるいさん、wikiによるとEthmostigmus rubripesの亜種でEthmostigmus rubripes platycephalusが正しい……そうです。hiroiはどこにいった……。こういうのは困りますよ、高桑先生

黄色に黒帯(オホムカデ目によると、栗色で各胴体背板後縁に緑色を添加している)という、どっかで見たことある模様のムカデです。ほんっとうにお前ら似たような色してるのな。大きさは小柄だそうですが

高桑先生によると、南太平洋の島(どこか忘れた)には巨大なフルイムカデ=巨大なえすもたんが生息しているそうです。E.trigonopodusのベビーは黄色に黒帯という模様で、もしかしたらパラオのフルイムカデはその巨大エスモの子供かも……とか思ったこともあるのですが、フルイムカデは大人になってもこういう模様だそうでして、高桑先生が目撃したという巨大エスモとはなんだったのか気になります。これはもう、採りに行くしかありませんな!!というか、エスモって分布が案外広いのですね。南半球あたりを中心に広く分布している感じなのかな

そんなえすもたん、飼育は非常に簡単です。というか、もう飼育方法とか書かなくていいよね。ムカデなんてみんな同じなんだしさ

非常に大人しいムカデで、給餌の際、喰ってる最中に餌を摘まみあげてもそのまま釣れ、手の上に乗せればそこでもしゃもしゃ食べるほどの器の広さを見せつける、初心者におすすめのムカデです。どこぞのスコペンと違い、ダイナミックな捕食ではありませんが、ゆっくりおずおずとピンセットから餌を持っていく、愛らしい奴です。個人的には寸動で短足なところも親近感が湧くので好き。可愛らしい。ある程度の大きさもあるので、飼いごたえも十分。よきムカデです
E.trigonopodus2


割と乾燥に強い印象。アオムカデのくせに。ドゥルルルルルルという効果音がよく似合うスコペンのような素早い動きと足の速さはないので、扱いやすいです。掴んでも咬まないし。飼いやすいですよ、本当に。割と安価なので、何匹か手元に置いて産地と色ごとにコレクションしてもよいでしょう
E.trigonopodus3

E.trigonopodus4


余談ですが、このムカデ、扱いやすくて流通量が多いという理由からか、映画にもよく登場します。ザ・リングでレイチェルがモーガン家で遭遇したムカデもこのムカデです(北米なのにアフリカのムカデが家にいる不思議は言ってはいけない。きっとサマラの力か、近所から飼育個体が脱走したんだ、うん)。ムカデ人間2で主人公が飼っていたのもこのムカデだと思われ(よく確認しなかった)。他にもムカデの出てくる映画があれば、確認してみてください

更にどうでもいい余談ですが、ムカデ人間、ムカデ人間2を先輩数名と一緒に見たのですが、2で精神科医?が「ムカデは男○の象徴」とかいう素晴らしい、ムカデ飼育者に対する偏見に満ち溢れた発言をしてくれたおかげでわたしはしばらく「おい、鼎。なに○根を手に乗せてんだよ」とか「ムカデは男○の象徴www」といじられました。世間のムカデ飼育者に対する認識と偏見の片鱗を垣間見たのですが、このような偏見をわたしは決して許さないと誓いました

ムカデはかっこよくて美しくて素晴らしくて研究対象としても逸材で更にエロスを併せ持つ、自然が作りたもうた究極の美の一つなのですよ、はい。ムカデのむちむちの脇腹とかとんでもなくエロいと思います。偉い人にはそれがわからんのです




まぁ、なんです。安価で手に入りやすいからと言って、乱雑に扱ってはいけませんよ。地球を半周してやってきたムカデなのです。大切にしてあげてください。非常に良いムカデなのですから
スポンサーサイト
プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。