飼いヘビに手を咬まれる

かれこれ飼育三年目に突入したカーペットパイソン(リデュースジャガーシブリンク)のリリー


非常に大人しい個体で、咬まれたことは一度もありません。一度だけ、小さい頃にアタックされたことがありますが、それ以降は威嚇すらなく、エサの臭いのついた手で触っても大丈夫なくらいでした。エサと手の区別はついているのです




だからでしょう。鼎は油断しました



そう、鼎が少し忙しかったため、エサを三週間くらいあげていなかったことが原因だったのです




遂に鼎、飼いヘビに手を咬まれました



エサを与えるためにケージを開けたところ、にょろにょろ這い出てきて邪魔でしたので、エサの臭いのついた手でケージ内に戻そうとしたのです





鼎、見事に指をエサと間違えられました。がっぷり咬まれ、巻かれました



まぁ、まだあまり大きくないこととそこまでおバカではないことが幸いし、口に竹ピン突っ込んだら、さほどの被害もなくちゃんと離してくれました



まぁ、血は出ましたけど。腐ってもパイソンですしね



普段は絶対にそんなことしない娘が咬んできたので、よほどお腹が減っていたのでしょう。つまり鼎の放置プレイが原因ですね。リリーは悪くない



ごめんね










その後、エサを食べて満腹になったリリーは、いつものごとく大人しくなり、変な体勢で睡眠していましたとさ



おしまい







何気に初・ヘビの記事だったりする
スポンサーサイト
プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR