やっちまった

遂にやっちまった……



詳細はまた後日

今季のアニメのお話

もうトゲナナフシの展足なんてしたくないよ……6個体目にして針が尽きました。あと23個体……



はい、鼎です。8日に鼎も(21)の仲間入りを果たしました。(21)って走り書きするとロリに見えません?




その鼎のロリの仲間入りと同時、今季のアニメで鼎が最も注目するアニメがスタートしました





その名も鹿大……失礼。その名も『大図書館の羊飼い』です



原作はえっちぃゲームなんですが、鼎はその原作のメーカーのファンです。よあけなから入った七年程のニワカですが、昨年のコンサートにはもちろんマッハで予約して行ってきましたよ。現状の最新作である羊飼いのFDとしっぽDaysはまだ購入しておりませんが……お金がない鼎です。でももう新作の案内来てるんだよなぁ……どうしよ。それよりFAのFDを出してくださいお願いします。伽耶様を攻略できるようにしてください



それはさておき、まぁ、鼎の推しは当然のことながら、望月会長ですね。冒頭から好感度MAXで主人公好き好きオーラがひたすら駄々漏れな会長様ですが、そこが可愛いですね





まぁ、なんで鼎がこんな話題を出したかというと、鼎の家の近所の大学が羊飼いの舞台である汐美学園にそっくりなんですね、はい



論より証拠。これをご覧ください





fasfsfsふぁ

画像は公式から無断借用。許してちょんまい



sokkuri

これが某大学





なんとなく似ていません? なんか先輩にそう言われて鼎もそんな気がしてきたくらいです。ちなみに大学の方が後なので(改修工事していた)、大学がパクッたという可能性も……



路面電車が走っているあたりも似ている。そう考えると、ありきたりな駅前のCGも中央駅付近に思えてくるから不思議。思い込みって怖い



とりあえず、市電は羊飼いのラッピングをするべき。そしたら年間もう一回の乗車をしてやるよ




そんなこんなで、果たしてアニメはどうやって原作のシナリオを処理するのか気になるところではありますが、そこを含めて楽しく見させていただきましょう。会長が出てきて可愛ければ鼎的には満足ですが、しかし原作のトゥルーエンドをアニメで見たい気も……



ユースティアは犠牲となったのだ









というわけで、鼎は原作やって会長の可愛さを再確認しながらトゲナナフシの展足を行うのでありました




Auschwitz

Auschwitz2


アウシュビッツよろしく毒ガスで抹殺されたトゲナナフシ。アウシュビッツじゃなくて、マリー・トロステネツでも良いけど


アウシュビッツもけっこういわくがあったりするそうですガスを使った痕跡がないという話も……


ここらの話はいろいろな問題があるので書けませんな。明日、突如としてイスラエルに連れて行かれたくはないよ……まだモサドって存在するんですかね






とりあえず小笠原記事を早く終えねば……

新たな餌の可能性

グロ注意


グロい(グロ生物的な意味ではない)のが苦手、とある生物が盲目的に好きでその生物が愛玩されていないと発狂して通報するような愛誤のお方は見ない方がお互いのためです









餌生物といえば、マウスやコオロギ、ゴキブリ等が一般的なのでしょうが、鼎のゴキ養殖場はちょっとした手違いで10センチを超えるムカデに安定して餌を供給することが出来なくなってしまいました


これは困りました。何か良い手はありませんかね




そんなことを考えながら夜の散歩をしていますと、壁をちょろちょろと走る影……





そういや、ヤモリって餌生物に含まれているよなぁ……







そんなわけで、ちょっとばかし実験をすることに




使うのはこのミナミヤモリ(多分)
yamori

鹿児島だと普通にいるヤモリ。鼎の実家は北過ぎるのか、ニホンヤモリさえ見ないので、ヤモリはあったかいところの生き物という印象が強いです



ところでニホンヤモリは古い時代に大陸から帰化した種だそうなんですが、外来なのに日本ってついているのけっこういますよね。いや、元を正せば生物なんてみんな外来なんでしょうが



ヤモリやゴキブリの話ですが、オガサワラ~てついている種は、別に小笠原固有種でもない、むしろ小笠原では外来なのになんで小笠原なんでしょうね。人名でしょうか。誰か教えてください







それはさておき、ヤモリですよ



ヤモリはやろうと思えば一年を通して供給可能ですし、夏に乱獲して冷凍しておけばいつでも使えます。供給面に関しては問題ありませんね



マウスほどこってりではない(と思う)ので、ムカデに与えても落ちたりはしないでしょう。というか、南の大型種なんかは結構食べてそうなイメージ



こりゃあ使えるでしょう。使えなきゃおかしいレベルです


















と、ここで問題発生。喰わせようと思っていたベトナムさんが食べませんよ






どうしたというのか。最近餌を食べてくれません。脱皮するのですかね






このヤモリどうすんだよ。トビズが喰うにはでかいし、トビズさんはこないだなけなしのローチ喰ってたよ



























答)イサにゃん
Isanyan

普通に喰いました






翌日、ケースにはほとんど喰われた哀れなヤモリの姿が……





これはいけるかも知れない。世の中にはトカゲ食のヘビのために冷凍ヤモリというのが出回っておりますが、買うより捕獲してきて冷凍したほうが安上がりな気がします



ボリュームもありますし、食べ残しは一回り小さい個体に与えれば綺麗に処理できましょう







そんなわけで、昨日、シダ盗掘のついでにまたヤモリ狩りを決行





餓えていたファーストオガサワラオオムカデにプレゼントです

S.s.subspinipes vs Gekko

S.s.subspinipes8895623

Gekko2


恐ろしい……そしてヤモリは……



ahare





オガサワラオオムカデはこんな状態に



S.s.subspinipes5555555


S.s.subsinipes88888888888


S.s.subspinipes8941314314


大変満腹そうですな。どうでも良いのですが、イサにゃんと脇腹の色が違いますね。同種でも差があるようです






その後、食べ残しのヤモリ下半身は別のオガサワラオオムカデが処理しまして……


ahare2

こうなりました







これは大変便利ですね








そんなわけで、またしてもヤモリ狩りをしてきて、二匹捕獲したのですが……




一匹は遊びで差し出したちびカーペットパイソンに呑まれてしまいました……寄生虫がぁぁぁぁぁぁ!!




残る一匹は現在進行形でムカデに喰われています。合掌











まぁ、そんなわけで爬虫類が大好きな鼎でもヤモリは餌にするという記事でした。ぶっちゃけて言うと、鼎は生き物を餌と愛玩とに割り切れる性格なので、爬虫類好きだからヤモリを餌にするなんてできないよ。なんて残酷なんだ、という意見は理解しかねます



極端な話、カナヘビやニホントカゲは大切にしますが、特定外来生物のアノールといったものなら殺すこともできます。人間とは勝手ですね。鼎の持論ですが、野生動物と野良動物、愛玩動物は区別するべきです


野生動物、野良には愛玩と同様に可愛がって餌をあげたりしない。野良は自然から排除する。それを間違える人がいる限り、不幸な野良動物は生まれ続けるでしょう。鼎が言えた義理ではありませんが











それはさておき、ヤモリに餌としての無限の可能性を見出した鼎でした。これは夏に乱獲不可避




久々に採集記事以外で長文を書いてしまった……

スタイリッシュ飼育

このところ、きちっとレイアウトしたケージで生き物を飼ってみたい衝動に駆られている鼎です


しかし、ズボラな鼎のことのですぐに飽きるかなんかして植物を枯らすか、メンテナンスが大変という理由からもとの殺風景なケージにしそうです



そんなわけで、管理しやすくてしかもスタイリッシュな、見る人に爽快感を与えるようなケージを作って飼育を行うことにしました


使用するのは衣装ケース、小鳥用木箱(バードランドという商品名)等々です


既に鼎の部屋に来たことのある人なら、この時点で鼎が何をスタイリッシュに飼おうとしているか察するはず……






とりあえず掃除を行ったので、スタイリッシュなケージにしていく作業は明日からやる方向で……












ところで何で鼎のとこのサバクゴキブリは壊滅状態なんでしょうかね

邪悪な三竦み

久々の飼育物の写真






3centipedes

邪悪な三竦み












以下、個別写真



S.s.mutilans2235

Scolopendra subspinipes mutilans


S.s.subspinipes2235

Scolopendra subspinipes subspinipes


Scolopendra sp.

Scolopendra sp.







こうしてみると、みんな違う

温室建造

フェザーテールとタイ産morsitansの調子がおかしくなった二日前


これはいよいよ寒くなってきたからでしょうか。といっても、鼎の部屋は割と暑いのですが……夜は冷えてきましたし、そろそろ温室を作ってもいいかもしれません



というわけで、温室という名の収容所を本日建造しました。全部で三つ


昨年から使っているラックの温室はBelzec、先月導入したラックの温室はSobibor、小型ラックの温室はTreblinkaと命名


Belzecにムカデ、Sobiborにゴキブリ、Treblinkaにクワガタを収容



やれやれ、これで落ち着くだろう、と思ったのですが……














morsitans落ちてました





なんてこったい。仕方ないのでエタノールにぶち込みました




死因の究明が求められた十月初めでした






どうでもいいのですが、来週で鼎は21歳です
プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR