貧乏学生の離島二人旅@小笠原ぱーと⑩凱旋

一気に終わらせますよ



翌朝、民宿をチェックアウトし、適当に過ごしたあとお昼に島寿司を買って食べ、フェリーに乗りまして……




miokuri1

恒例の見送り


miokuri2


miokuri3


どこからともなくボートが集まってきて、並走します


Sボートに集られる気分を味わえます





mirokuri4

miokuri5

飛び込んで見送り。どうでもいいのですが、たくさん連なっている姿はどう見ても海難事故の救助者にしか見えません


ちなみに鼎が真似すると、本当に海難事故救助者になります


miokuri7




上半身裸の島の人に呼応して、何故か脱ぎだして見送りに答える人もいたり



水着美人もダイブしてお見送り。イケメンと小麦肌の美人お姉さんの豪快な見送りを見たい人は是非父島に(薦めるポイントがおかしい)

<お詫び>写真ありませんでした。許してちょんまい




一人ばかし見送り船の中でぐったりして寝てました……無理して来なくていいから()






miokuri8

まさかのダイブした人を回収、またおが丸の隣までかっとんできて、再びダイブする人達



(どう見ても救助を要請しているようにしか見えないのですが)また来いよ!! の声に送られながら










kikan

鼎の小笠原旅は終わりとなったのでした






一週間足らずしか時間のなかった、人生初の小笠原でしたが、非常に思い出深いものとなりました



出来ることなら、またあの地に足を踏み入れたいと思います。次はオガサワラヨシノボリが見たいですね。また、そのときまで小笠原とはお別れです











ここまで大体一ヶ月以上かけて書いてきました。あの小笠原旅から一ヶ月も経ちました。鼎的にはかなり前のことのように感じますが




小笠原旅のせめてもの名残のムカデは現在、1匹をホプにあげ、2匹をゴニョゴニョ、1匹をゴニョゴニョして、残り10匹といったところでしょうか。どの個体も、見ていると採った時の情景を思い出させてくれます。だから惜しくて標本にできない……


これが自家採集の醍醐味ですね。一匹一匹に思い入れがあって愛着がわきやすい(その割に扱いが雑とは言ってはいけない)


出来ることなら、動物園で見たり、ショップで買ってばかりではなく、自分で現地に赴いて見たり、触ったりすることを鼎は強くオススメします


きっと、素晴らしい経験が出来ることでしょう









オマケ



gaisen

東京に凱旋した鼎とホプキンスの図
スポンサーサイト

貧乏学生の離島二人旅@小笠原ぱーと⑧シュトゥーカ・パーティの幕開け

やばい、長い





旭山から撤退した鼎、いったん民宿に戻ります


自転車を返すまでまだ時間があります。どうしましょう



ホプ「反対側行ってみようぜ」



えー。とおーい



と思いつつ、出撃です


よもや、この戦いがあそこまで壮絶なものになろうとは、このときはまだ思いもよらなかったのです








なんか坂道あったりして、ここに行こうとか言ったホプキンスを怨めしく思ったりしたのですが、ともかく到着しました


umi

海しかねー



zako

アノールホイホイに掛かった情けないアノール


ヤモリやゴキブリも掛かってました



ちなみにこのゴキブリは鼎によって命を救われましたとさ(逃げやがって、くそっ)



basyo

と、雨になったら水が流れるであろう場所に落ち葉が溜まっています。鼎の第六感が告げています


これは、いる……と


やっちゃいますかね



kanae

ガサガサしておりますと、鼎の視界を小さくて細い何かが過りました



あれは間違いなくオオムカデだった!! オオムカデの子供だ!!



そう言った鼎でしたが、ホプキンスは


「もしそうだとしても、こんなとこじゃ見つかりっこないさ。それより帰って何か食べようぜ」


ほう、覚えておけよ、お前。俺は諦めんからな……














S.s.subspinipes baby

ドヤウラァ!!


というわけで、オオムカデのベビーを捕獲


これをみたホプキンスも捜索を開始しますが、見付けられず


逆に鼎は隣でホイホイ見付けていきます。この時点で四匹捕獲


涙目のホプキンス、懸命に探した末……





「やった!! でかいのいた!!」




ほうほうと見に行くと、そこには何もいません


どうやら隠れたようです


探し回った末、ようやく発見


うーん、小型だ……



ところが、ここにきて捕獲技術のないホプキンス、捕獲に手間取ります



えぇい、まどろっこしい!!



というわけで、鼎が捕獲。肢の青が綺麗な個体でした




まぁ、ホプキンスもよくやった方でしょう。しかし、神は鼎に味方をしたのです……






S.s.subspinipes maturi

鼎、その直後にホプキンスのものより僅かに大型の個体を捕獲


続いて何も見つけられないホプキンスの隣で二匹連続でベビーを捕獲





haisya

ホプキンスはすっかり心が折れてしまったようで、海に向かって黄昏てしまいましたとさ……あとで聞いたところ、サンゴを積んで遊んでいたそうです。可哀想に









しかし悲劇は続いた……



採集も終えて、そろそろ帰ろうかとしたとき、鼎が何か臭う場所を見付けたのです。



そこは、枯れた側溝に松葉がどっさり溜まっている場所でした




ホプ「もう見つかるわけないって。帰ろうぜ」


鼎「うるせー。探せやおらぁ」


さぁ、探りましょうか



ホプキンスは戦果がなかったようですが、鼎……




S.s.subspinipes maturi2

ほい、いた!! バックで呆然として写っているのはホプ






更に、行きのときは気付きませんでしたが、かなーり良さそうな、いなかったら嘘になる場所も発見




探ってみると、やっぱりいました。しかも割と大型




捕獲したところでふと、鼎は気付きました




ホプキンス、今回一回もムカデを触ってなくね?と


鼎「お前、一匹も捕まえてないだろ。こいつで練習してみろよ」


というわけで、道路にムカデを放流、ホプキンスに捕獲の練習をさせました




hop und S.s.subspinipes

ようやく素手でムカデを採る方法を何となく理解できたホプキンス、嬉しさにこのドヤ顔である



まぁ、普通は素手で捕まえませんがね。鼎も基本はピンセット使いますし。ホプは素直なので普通に騙されて素手で触っていました。咬まれたらどうするんだろう……





まぁ、こうして父島での採集は終了したのでありました……あとは帰るだけです




というわけで、ムカデの戦果は





senka

14匹捕獲観察(内ホプキンスの発見数2、捕獲0)


という結果になりました








この日は贅沢して料理屋のSatoというところにて、名物のウミガメの刺身と煮込みを食べました


sashimi

nikomi



この煮込みが特に大変素晴らしく、人生で食べた中で最も美味いものの上位に余裕で入りました。これなら鍋一杯食べられます。出前してくれませんかね






夜、大変満たされた気持ちで眠りにつくことが出来ました









あー、ハートロックカフェのメカジキバーガーとサメバーガー食いたいなぁ


昨日読んだ本にどこかで見たことのあるバーガーと看板の写真が掲載されていて、フラッシュバックした鼎です
プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR