インフィニット・ストラトスの世界

リアル・"インフィニット・ストラトス"を見てきました



つまり空を飛ぶものですね






F

悪魔が飛んできました。死を呼ぶ鳥の群れです



まぁ、戦闘機はよくわからないのですが、こういうのは大好きなのです


F2

すんばらしい。ちなみに鼎はレシプロ機の方が好きです。アヴェンジャー100機とかB-29の大編隊を見てみたいものですが一生叶うことはないでしょう








F3

そしてお楽しみ。かの有名なブルーインパルスです



この前に降下猟兵空挺降下とか米軍さんによるF-16の飛行とかありました。インメルマンターンを生で見れて大感激です





F4

完璧にISのOPとかそこらの光景。そう思った人もいた筈です。ちなみに鼎はセカン党です


誰だ、鼎はブラックラビッ党に決まっているとか言った奴は










F5

ハートを描いて……





F6

君のハートを、ヘッドショット!



どうでも良いのですが、ハートをヘッドショットって意味不明ですね。まぁ、精神は脳に宿ると考えればそこまで不思議ではないかも知れませんが。筧さん、流石です







F7

大きな五芒星。中央のもくもくは花を表現したもの
















まぁ、こんな感じです。大変今更なのですが、どこに行ったかというと宮崎県は新田原基地の航空祭です






来年こそは総火演に行ってみたいと思います















それよりボービントンとクビンカとキールに行きたい

解読作業

注文していたものが届きました






book

Christian Kronmüller著のHundertfüßlerです。昨年発行された新しい本




まぁ、読んで字の如く、ムカデの飼育と繁殖がメインの本なのですが……文字見て分かるとおり、ドイツ語です




ドイツ人のムカデスキーっぷりは異常(確信)




中身はこんな感じです。レイアウトの例とかあったりします。レイアウトしてムカデを飼育してみたい(管理とかその他はさておき)鼎としては、非常にありがたいです



book2


え、読めない?そんなん雰囲気で訳すんですよ(白目)


暫くは手元の辞書と姉に鬼電かけて訳すことになりそうです。冬場の作業にはちょうどいいですね



やはり英語の本がいかに簡単か分かりますね。気合で何とかなりそうだもん、英語(英語ができない人間並みの感想)








ちなみにこの本で一番笑ったのがこのページ




book3




少林拳ってあなた……クロンミュラー氏は神






このTシャツはムカデ採りの公式標準装備に違いない(錯乱)













ちなみに表紙の背景が模様ではなくムカデであることにさっき気付きました
プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR