スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでくると最早ムリゲー

UN

何かいます

















今となっては懐かしい3月前……






鼎は小笠原は父島にいました












そう、クワガタを採集するべく旭山へと挑んだあの日……






実は、基亜種以外にも、戦果はあったのです



現地にいた時から『それ』には気付いていたのですが、どうせ大したものではない……そう、アカムカデの子供だろうと思って放置していたのです







で、さっきになってようやく、写真を撮ったわけです






それがこれとなります



UN2



UN3





なんだこの小さい物体は……しかも一頭だけと思ったら二頭いました





いまのとこ生存しているということは、なにか小さなトビムシとか食べているんでしょう。ちょうど菌糸瓶で大量のトビムシが発生しているのでそれを餌にしてやりますか





でまぁ、アカムカデだと思うでしょう?




UN4





UN5




よく数えると21対あります……多分。鼎の目がイカれてなければ21対の筈です





ここまでくると正直、完全なる土壌生物なので鼎的には「ひぎぃ!! らめぇ!! 小さすぎて同定できないのぉぉぉぉぉ!!」となってしまい、科レベルで分かりません







ちなみに、「ひぎぃ」と「らめぇ」を足すと「ひらめぇ!」です。魚類?









まぁ、スコペンだとしたらベビーだとしても小さすぎないすかねぇ、という素人並みの感想



よって、オットーあたりを考慮したいのですが、もしかしたらまったく別の属かもしれない。というか、たぶんオットーではない。下手したら科レベルで違うかも知れません




もう、わかんねぇなこれ。誰か土壌生物に詳しい人、土壌生物学会にコネがある人は教えてくださいマジで






UN6



こんなんムカデ採りの装備で採れるもんじゃないですな。ちなみにこれ、大きめの個体の方です







これで成体とか言わないで欲しい。とりあえず育ててみます






次回はこれを狙って小笠原行きたい……










ついでに、Belzec下層からSobibor上層にモッピーもろとも移した宮古産アオズ<2015/3/27追記>全然違う




脱皮してました、いつの間にか




UN7


大きくなりました。やはり成長には餌と加温が重要です



S.japonica miyako 2222222







基亜種ベビーも成長中。そのまま大きくなって欲しいものです












ちなみに前回記事と今回の物体は何も関係ありません
スポンサーサイト
プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。