夏真っ盛り

気が付けば七月も終わりに近付いてまいりました。何もすることなく夏突入です


utjethag


脱いでた







ほんでまぁ、夏と言えば採集ですね。というわけでムカデやらクワガタやら拾いに近所に出掛けました



o;iukyrsjatjstrj

現地で「お、これは良いサイズ」と思って捕まえたトビズ。一応130ありました。これを良いサイズと現地で思えたあたり、まだまだ感覚は鈍ってなさそうです。本土では100mmがトビズの巨大感を感じる壁だと思います。90mmと100mmでは全然感覚が違います






ytrhtrhrst

で、これが150mmです。先の個体と比べるともうまるで違います。130mmが子供のようです。以前までは130トビズなんて見かけたら「で、でかい。これはでかい」となっていたのでしょうが、やはり自分のとこのトビズと比べたら「なんだ、小物か」となってしまいます




野外で150越えるような本土トビズなんて捕まえたいものです






sgaegerga

で、昨夜同じとこ行ったらこんなものが落ちてました。いたんかお前……今後はより一層注意して散歩しないといけませんね









さて、明後日に一泊二日の屋久島行ってきます。サンプリングです。プライベートではありません
スポンサーサイト

まぁ適当に

ひょんなことから英国デイリーメールのライターさんから「動画使うから」とメールが来まして、デイリーメールのネット版であるメールオンラインのカタラクタ記事にて渡嘉敷ヤンバルの遊泳動画が使われることとなりました


http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3670509/Horrific-new-species-centipede-measures-8-inches-long-swims-like-EEL-delivers-painful-venomous-bite.html

海外のサイトに飛びます




まぁいきなり英文だけのメールきてビビりました。ゴミ箱にぶち込みかけましたが、怪しいメールではないようなのでまぁこんなことに。ようつべでも同じ人からコメント来てました。良い機会なのでオッケーしました。自己顕示欲とも言います







まぁ、そんな自慢はさておき


hdrhdsgdw


ペルビオレンジ2号も脱皮しました

土曜夜の段階で若干頭が浮きかけているかな……でも動くし動いたときには普通だし……まぁあと一ヶ月くらい先に脱ぐかな……という程度の認識だったのですが、日曜昼ごろ見てみたらご覧の通り


これで2週連続でペルビオレンジが脱いだことになるのですが、特に関係はないでしょう


しかしこれだけ立派な個体の脱皮を見逃したことは惜しいことをしました……また幾らでも機会はありましょうが、さて、いつになることやら……

ようやく

regaeggaryjt

うちで最古参のトビズですが、3年半の飼育の末、遂に歩行時に150mmに到達したことが本日判明しました


飼育当初はまだ小さな幼体(5cmとかそこら)だったのですが、今や立派な大型個体になりました。素直に嬉しいです。喜びも一入といったところ





graegrea


これで遂に本土トビズ150mm、南方トビズ200mmを揃えることができました




B1のときから夢を見、それからすぐに「トビズが200とかありえんわ。本土は140、南西諸島でも180がせいぜいだろ」と思い込むようになったのですが、飼育している本土トビズは伸び続け、昨年11月に山原にて190mmほどのトビズを手にし、ここに至って「トビズで200mmは……実在する!!」と確信した次第です

それ以降、「本土で150、沖縄で200」を目標にしていたわけですが、遂に飼育下とはいえ、ようやく達成しました。この境地に。いや、ほんとに嬉しいです。あとはそいつらを採集することができれば完璧なのですが……師からは常々「飼育して大型トビズを作り出すつもりだな」と採集において大型個体に恵まれぬことを詰られもしましたが……




とはいえ、目標にしていた壁の一つを越え、もう嬉しくてたまりません。トビズだってやれば出来るんです。しかも気が荒くて、よく動いて、餌も物怖じせず目の前で捕食してくれる。そしてなにより「ザ・ムカデ」というこの体色……トビズこそが至高のムカデである何よりの証拠です



我がムカデの師はトビズ至上主義を掲げておられましたが、自分もその思想を受け継いでいる身、やはりトビズ、特に巨大なトビズには並々ならぬ想いと言うものがあります……欲を言えば、赤肢の巨大トビズが欲しいところですが、それは台湾産(とされている)の個体に頑張ってもらいましょう。最近餌を食べないことが少し気がかりですが……




とはいえ、小さい頃から育て上げた個体が自分の目標を達成するというのは、生き物を飼育する上で何事にも代えがたいものです
プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR