きもちわるいってなんだろう

蟲をキモチワルイと思う心はどこからくるのでしょうか


小さい頃は虫採りをしていた少年も、大人になると虫を「キモチワルイ」と言うようになってしまいます




しかし、一部の虫なんぞは年齢関係なく、気持ち悪いと思われるようです





例えば、これ



haii




紛うことなきゴキブリです。ハイイロゴキブリNauphoeta cinerea です




そもそも、鼎はゴキブリが好きです。今は遠い地(県外)へ旅立たれた師匠の影響もさることながら、幼少の頃から何故かゴキブリには嫌悪感を覚えたことがありません


聞いた話では、2歳の時に家に現れたヤマトゴキブリをスリッパで叩いたか踏んだかなんかして捕獲、親に自慢げに見せたという記録が残っているようです


また、小学生の時に登校中にヤマトゴキブリを捕獲して学校に持ち込んだりしていたようです





まぁ、その頃はゴキブリの名前なぞ全然わかっておらず、名前覚えたりとか色々飼育をはじめたりしたのは大学入ってからで、それは間違いなく師匠の影響ですが(師匠見てます?イェーイ)





よくよく見てみれば、ゴキブリという生き物は実に魅力的なデザインをしています。誰もが読んだことがあろう『ちいさないきもの―くらしとかいかた―』にもクロゴキブリが登場しており、ゴキブリこそが身近な生き物であると述べてあります




一回、騙されたと思ってゴキブリをじっくり観察してみてください。きっと、新しい扉が開けるはずです






……たぶん










そんな鼎のお気に入りはこれ

deathhead

デスヘッドことBlaberus craniifer



餌用も兼ねる鼎の飼育ゴキとしては珍しく愛玩専用。単にくそ殖えても可愛くて餌に使えないだけである




丈夫でよく殖えるブラベルスの仲間です。パラボリクスどころかよく殖えるとか言われているディスコイダリスを壊滅させた鼎が唯一長期飼育に成功しているゴキブリ。如何に丈夫であるか分かりますな





こんなんじゃギガンテウスは夢のまた夢ですよ……いつかは飼ってみたいです。あとナンベイオオチャバネ














さて、17日から新しく映画やってるらしいです


その名も『アマゾン大冒険』






南米はアマゾンが舞台らしいです。生き物出まくりらしいです



ピラニアとかカショーロとかも当然出ますよね? オオアナコンダとボアコンは鉄板





他にも、アグリアスやスーパービートルことヘラクレスオオカブトも当然出ますよね?






まぁ、個人的にはviridicornisとかこいつらも出て欲しいところ

gigantea



イエローレッグのギガンテア大型個体出たら鼻血ものですな。celeris andinaたん出たら劇場で発狂して死ぬかもしれない





木曜日、友人と観てきます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR