老害の言い分

長いのと駄文なので読みたい人だけ、どうぞ





ミリタリー業界は『新規参入者に厳しい』という話をよく聞きます。新参者に対して厳しいことを言う、老害と呼ばれる方々が多いからです



そのため、若手に寛容な一派から『ガチなストイック』の方々へ度々手厳しい批判がなされる場合があります




ところで、近年稀にみる社会現象的な何かによって艦船の世界には大量に新規参入者が入ってきました。言わずもがな、艦これと蒼き鋼のアルペジオなのですが、艦これユーザーは250万ということですので、その中から今までミリオタだった人、やってるけどミリタリには興味ない人を除いても多数の『一見さん』が入ってきたということです




ここでも老害と新規参入者……簡単に言うといわかの間で戦争が発生するわけなのですが、さて、老害の方が悪いのでしょうか?




ここで一つの例を出してみましょう






ある『WoT・アルペジオ勢』と『幼少期から教育されてきた勢』の二人がいました



両方ともアルペジオは好きなので、アルペジオの話をしていました



ふと、アルペジオ勢は言いました





「70年前のあの頃に霧の艦隊があったら勝ってた」





ハァ?(#^ω^)ピキピキ 教育勢はこうなったそうです




歴史にifはありません。事実しかありません。どうしても妄想したくなったときに、架空戦記を読むなりゲームするなり、模型を作るわけです。しかし、そこで忘れてはいけないのは、あくまでも『なるべく現実味がある』ということであって、例えば『信濃が戦艦として竣工していたら』とか、『ドイツがZ計画を完遂していたら』とか、そういった類のことです



そこに『大和に荷電粒子砲を積もう』とか『ギルベイダーを日本が配備していたら勝っていた』とか、そういったぶっ飛んでいることを持ち出されると、こっちとしては『議論にも、お話にもならない。話していてもどうしようもない妄想』なんですね



その次元でぶっ飛んでいるのは鋼鉄の咆哮とか、一部の架空戦記を個人で楽しむ分で十分であって、わざわざ話をして膨らませるようなものではないのです。そういった議論は小学生までで充分です




もしシャアがゼロ戦を操縦していたら……とか、坂井三郎がニュータイプだったら……といった妄想は、普通のミリオタはしない、ということです。故にそこで新参者と対立が起こるのです





ちなみに鼎は『傭兵空母天城』は大好きです。ヒルダちゃんとヴァルトちゃん可愛いねん




また、当のアルペジオ勢がアルペジオに出てくる単語である『イデア・クレスト』を知らなかったというのも、教育勢からしたら気に入らなかったようです。アルペジオから入っといてアルペジオに登場する単語知らないとかどうなってんだよおい、ということだそうです。原作読んでんのか?アニメだけかよおい、と






また、こういう例もあるそうです





恐らく、World of Warshipsの動画を見たある新規勢が『やべぇ、金剛型戦艦カッコよすぎる』と言ったので、その友人であるミリオタは『こんごう型三番艦みょうこう』の写真を送り、「こんごう型」と言ったそうです



新規勢が「護衛艦こんごうじゃない」と言ったので、そのミリオタは「ばっか、おめぇ。これは『こんごう』じゃねーわい」と言いました



新規勢が「画像見てない。文字だけ見た。きりしま?」とのことだったので、ミリオタは「アイコンの175つー番号で分かるだろ」


「175てことは妙高か?わからん」

「違うし。だらしねぇな。『みょうこう』だぜ」

「^o^ひらがなじゃないとだめとかガキですか」





(#^ω^)ピキピキ やはり彼はこうなったそうです



そう。妙高(艦)とみょうこうはまるで別なのです。妙高だと帝国海軍の重巡を指し、みょうこうだとイージス艦を指します。これは鮭を酒と表記するようなものです。同じ読みでも、まるで別なのです



ということを彼は説明したそうです。そしたら、新規勢に「護衛艦ってさっき言ってんだろ。それで重巡洋艦だと思うか普通」と言われたので、彼は「護衛艦妙高等と貴方はお書きになられていないようですが」と煽ったところ、「消えろ、クソが」と返され、その新規勢はラインを退会したそうです





これは非常に稀有な例でしょうが、精神的に情緒不安定な友人をミリオタが煽った結果起きてしまった悲劇なのでしょう。また、ミリオタの彼が日本語に不自由なために起きた悲劇でもあるのでしょう




まぁ、つまるところ、新規勢はミリオタからしたら『やってはいけないこと』をし、それをミリオタが指摘し、新規勢が「細かいこと言うなよ、うるさい。俺はお前らみたいな廃人・ガチじゃねーんだ」と返すからミリオタが怒り、それが今まで積み重なってきた結果としてストイックな方々が『一見さんお断り』になったのでしょう





とりあえず、老害と呼ばれる方々は新規勢に「いついつのどこどこでどこどこ部隊のどの車両かはっきりしないものは認めない」と言わず、また新規勢も老害と呼ばれる方々に指摘されたら反抗せずに大人しく「わかりました」という心の広さを持ちたいものです


また、新規勢の方々もガチ・ミリオタの方々と話を合わせる・もしくは博識ぶろうとしてマニアックなことを覚えるのは良いのですが、肝心の大事なところ……例えば『捷一号作戦における大和と武蔵の見分け方』がわからないのにやたら駆逐艦の経歴について語ったり、艦が『落ちる』と言うのはやめましょう



どの世界にも、基礎と言うものはあるのです




ミリタリー業界が新規参入者に厳しいというのは、そういった肝心なところが抜けている連中や兵器そのもの等ではなく、単に女の子の画像に惹かれた連中の方が何故か声が大きくて蔓延っており、ミリオタが一番好きな艦を、何故か女の子の画像を指して「この艦は俺の嫁」とか言っている。また、落ち着いたら戦艦が云々とか言わなくなる



そんな現状に嫌気が差しているからなのかも知れません
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR