竣工

一ヶ月以上前から作ってきたグナイゼナウが遂に今朝竣工しました



tetetwe

シャルンホルスト級の特徴である、端整な佇まい



htjete

Z計画が完了したとして、マストを後方へ移しSK C/34 38cm連装砲を搭載




grgaekykty

艦首を10m延長。1/700にして14mm強




dasda

クレーンもビスマルク級のものに変更





1942年、ツェルベルス作戦にてドーバー海峡を突破し、一度機雷に触雷しつつも無事にブレストからドイツ本国へ戻ることが出来たグナイゼナウであるが、修理中に英国爆撃機の空襲を受け、弾薬庫を粉砕されて大破する。これの修理に伴い、予てより計画されていた主砲の換装が行われることになった。増大する重量対策として、艦首を延長する工事も行われる予定であった


しかし、バレンツ海におけるレーゲンボーデン作戦の失敗から、ヒトラーは主力水上艦の建造中止命令及び解体を命じる。これによって、グナイゼナウの改装工事も中断され、解体されることとなった。海軍総司令レーダー提督は辞任し、後任としてデーニッツ提督が就任した


デーニッツはヒトラーの主力水上艦解体命令に反対し、シャルンホルストをノルウェーに派遣すると共に、グナイゼナウの建造再開を要求する。艦隊を運用する燃料に不安を抱えるドイツ海軍だが、元より主力水上艦が少ないドイツ海軍にとってグナイゼナウは貴重な存在だったのである


こうして作業が一時中断されたグナイゼナウであるが、鋼材も工員も不足しているドイツにおいては奇跡とも思える早さで建造作業が勧められ、1943年の秋には作業はほぼ完了したのである。同年12月25日、援ソ輸送船団撃滅を目的とした『オストフロント作戦』が開始され、エーリッヒ・バイ提督率いるシャルンホルストと駆逐艦四隻がノルウェーのアルテンフィヨルドより出撃することとなった


これを支援するため、改装がほぼ完了していたグナイゼナウにも出撃が命令された。訓練をする間もなくの出撃であった。また、延長した分の艦首の甲板の木材が不足していたため、鋼材を張って対処した。舷側の装甲帯の上にも薄い鋼材を張り、舷窓を塞いで防御力の増強が図られた。その代り、ただでさえ深い喫水が更に深くなり、様々な支障をきたすこととなる。他にも、クレーンをビスマルク級のものに置き換え、煙突後部のマストも後方へと移された


シャルンホルストに遅れること数刻、駆逐艦Z38と共に出撃したグナイゼナウはシャルンホルストを追って北方海域へと向かった


Z38を別離させたグナイゼナウは26日、シャルンホルストが英国艦隊と接触したという報を受け、シャルンホルストと合流すべく現場へと急行。シャルンホルストと合流したのは1543時であったが、その一時間後にデューク・オブ・ヨークを主力とする別の艦隊と二隻は接触、砲門が開かれた


二隻は軍部の命令通り、戦艦との交戦を避けて逃走を開始したが、その直後にシャルンホルストが機関室に被弾、速力が低下することとなった。グナイゼナウもシャルンホルストを援護して撤退すべく速力を落とし、英国戦艦へと砲撃を開始した


しかし、訓練を行えなかったことにより、砲撃が始まってすぐに三番主砲が故障して砲撃不能に陥る。その直後に艦尾に被弾、推進器に損傷を受けてグナイゼナウもまた、行動を制限されることとなった


その後の砲撃戦により、全主砲が破壊されて砲撃不能、副砲は全弾を撃ち尽くし、魚雷発射管も損傷して戦闘力を喪失したグナイゼナウは英国艦隊に一方的に攻撃され、シャルンホルストに先立つ1814時、燃えながら真冬の北極海に没した


1825時、「我々は最後の一弾まで戦い抜く」の一文を総統大本営に発したバイ提督のシャルンホルストは単艦で英国艦隊との戦闘を強いられ、その一時間半後の1945時、シャルンホルストもまた、グナイゼナウの後を追って極光に消えていった


こうして、ドイツ主力水上艦が通商破壊を遂行できることが不可能ということが証明され、以降、水上艦は出撃することなく、ノルウェーに立て籠もる待機艦隊として英国海軍に睨みを利かせていくこととなる。ドイツ海軍水上艦が自由に海洋に出る時代は終わっていたのである






以上、妄想でした





gwgwe

クリアーを吹いたらなんかやたらツヤツヤしてしまった……



fasas

遠目から見たらそれっぽいですが、実際は相当汚い。雑の一言。クレーンもアームずれてるし……クレーンにワイヤー追加したり、リギングもしてみたいのですが、今回はパス。今回はエッチングの練習ですし




ちなみにスペース空けてるのはわざと。このあとZ38も収容する予定



ベースは百均の板を切ったもので、アクリルケースそのものは外注しました。Z38も出来たら研究室の机に設置予定





Z38を作り終えたら、今度はかれこれ十年近く放置しているレパルス作る予定。ヴァンパイアと並べてまたしてもアクリルケースに収容する予定




巡洋戦艦フェチなんや
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR