スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオムカデじゃないけど碧い

ふと何気なくラックを見上げたら、ドクロゴキブリ幼虫が水槽のシリコン登っていて焦りました





ehythwhtrwh

ついつい買ってしまいました……え?アオズ?ヤンバルベビー?




まったく違うムカデです




Akymnopellis chilensisという聞き慣れない名前のこのムカデ、普段はチリアンブルーとかチリアンセンチピードといった名前で流通します



まぁ、聞き慣れないのもその筈。この仲間は日本にいません



AkymnopellisはかつてCormocephalusの亜属と見なされていたようですが、2008年に独立しまして、今や全ての南・中央アメリカにいるかつてのHemiscolopendraの仲間を含んでいる……だそうですよ


うーん、この日本に生息しないオオムカデ三属の名前よ……正体がよくわからんね



大きさは90mm前後、チリとアルゼンチンに生息しているようです。全身が青黒いような、深い緑がかった青をしていて、美しいです


ちなみにやはり体は柔らかいです。Scolopendra連中はなぜあんなに硬いのか……


jtwjyeqwwqr


飼育に関しては床材を深めにして、温度は26~28℃をキープしなければならないそう。一時的でしたら、10~15℃でも耐えるそうです。きっと標高の高い所に住んでいるのでしょう


あとは普通に他のムカデと同じように飼えば良さそう。ただ、繁殖に関してはよくわかっていないらしく、飼育下での人工繁殖の例は報告がないそうです。持ち腹ならあるようですが……お、ウチも期待したいところですね




jtrjtrwrw



tewewtwe

早速食べました。アオムカデ的な感じかと思っていたのですが、意外とアグレッシブでよく食べます。ただ、土深くしたら多分潜ったまま出てこないタイプだと思う





hehwtwht

Hemiscolopendra chilensisとしても出回るそうです






だいたい青いムカデと紅いムカデが好きです。そんなわけで安かったので即購入してしまいました



嗚呼……またスペースを拡張しないと……




ちなみに名前を秋月にするかアクィラにするかどうかで悩んでます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。