スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どう思うか

わたしがムカデを採り、ムカデを買い、ムカデを飼っていることは既に知られていることです


このブログを覗いている人の中にも、ムカデを飼っている人がいるでしょう
jytjtyjyterrr




さて、そういう方々はよもや、ムカデに愛情を持って接していないでしょうね?


まさか、ムカデに対して「可愛い」だの「頭が良い」だのといって、飼っているムカデと絆があるような錯覚に陥っていませんよね?



もしそうなら、即刻考えを改めるべきです



ムカデの飼育とは、そういう飼育ではないと思うのです



ムカデはどう足掻いても、犬猫のような『可愛い』生き物とは異なる存在です。肢はたくさんありますし、すぐ咬みますし、毒はありますし、信用なりませんし、教育も出来ません。触ってスキンシップを取り、可愛がることも出来ません
qrrqwqrq


そこに、猫飼育のような可愛がりなんてものは不必要なのです



では、ムカデの飼育とはどうあるべきか。それは非常にドライな関係です。ケースに土とムカデを押し込め、ムカデの機嫌を窺いながら餌を与え、その形態を観察する……ただ、それだけです。そこには愛着はあっても、決して愛情と言うものはありません



いうなれば、実験動物のような感覚です。ムカデは信用の出来ない生き物なのです。その毒牙がいつ、飼育者に向けられるかわかったものではありません



この手のちょっと先に苦痛がある。そういう危険生物を支配する

棘のある薔薇は美しい。毒を持つ生き物は美しい。ただ集めたい。コレクションしてみたい



ムカデの飼育とは、突き詰めていくとそういうことなのです。極端に言ってしまえば、ムカデ飼育とはムカデと土が入ったタッパーやケースがタワーを成している、ムカデの入ったケースがぽんっと部屋の隅に鎮座している……そういうものなのです



全ての人がそうとは言いませんが、こういう生き物に手を出す人はどこかしら、世間一般の人とは感覚がずれていたり、ひねくれている人なのでしょう。一般人が『可愛い』という生き物をどうしても好きになれない、生き物を家族同然のように扱うことが出来ない、そういった人かも知れません。犬猫をまるで人間であるかのように扱い、まるで人権が存在しているかのように扱うことが気持ち悪くて仕方ない人もいるかも知れません



しかし、ムカデを可愛がったら、それは貴方方が嫌う、犬猫飼育者と同じです。本質は何にも変わりません



そういう、生き物のだだっかわいがりしたくないから、こういう生き物を飼ったのだろう?







ムカデを見て可愛い等と『普通の人とは違う』アピールも結構ですが、ムカデの本質を見誤ると、きっと、その『可愛い』ムカデから手痛いしっぺ返しを受けることでしょう
rherhwrrw







近年、ムカデブームということでそういうファッションムカデ好きが現れるかもと思い、一応書いてみました




本来ならばハンドリングも『可愛がり』に入るのでしょうが、ハンドリングは大きさが伝わりやすいこと、手の上の危険というスリリングな楽しみ、よりムカデの存在を意識することができる、という理由をこじつけてやっています



この場合、咬まれても「うっは、咬まれたwwwこの痛み久々www」みたいな、ハチを捕まえたらとりあえずまずは刺されてみるみたいなそういう変態の次元へ足を一歩踏み出した人のみが許される行為なので、ムカデのハンドリングはやめましょう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。