スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業旅行~オーベルテューレ~

無事に卒論も提出し、教授に「旅行行きますんで十日間いないです」と告げ、いよいよ出撃の日が迫りました



行程はまずフェリーに乗って24時間かけて那覇へ行き、翌朝久米島へ。久米で二晩過ごし朝の船に乗って那覇へ戻り、その日の夕刻に渡嘉敷へ。渡嘉敷でも二晩過ごしたら夕方船に乗って那覇へ。そしてそのまま北上し山原を二晩オラオラして夕方に那覇へ戻り、翌朝の船で24時間かけて鹿児島へ



で、直前まで情報収集をしていたのですが、渡嘉敷は渓流がたくさんあるようですし、島も狭いのでまぁ余裕でしょう。久米もそんなに難しくはないはずです。この二つの島の問題はハブなのです。特に渡嘉敷は沖縄周辺で最もハブ密度が高い島と言われているようで……いきなりラスボスマップの気分です



しかし島は狭い。攻め落とすのは余裕です。ハブさえ気を付ければいいのです。今回ばかしは死ぬかもしれない。そんな考えが脳裏を過りました



今回の作戦はぼく、少佐、中将の三人で行います。各々目的は違いますが、まぁどれも似たような場所にいるので無問題。久米島ではぼくたっての希望で洞窟にてクメジマイボブトグモとクメジマミズフナムシの採集も行うことに。この2つ、実は直前で存在を知りました。珍しいと聞いたら採りたくなるのが人情ってやつです




情報よし。意気込みよし。これは勝ったなと思いつつ直前の買い出しをすると、ホムセンの近くに生えてるフェニックスが怪しい枯れ方をしてます。事前に情報がリークされていたので、しめしめと思いつつ葉っぱを引っこ抜いたら案の定、オレンジ色のおっきいゾウムシが入っているであろう繭が一個得られました




これは幸先のよいスタートです。そうして3時間後、ぼくと少佐は露営の歌を歌いつつ、洋上の人となりました。勝ちを信じて……(第一楽章に続く?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。