スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亜細亜最強之蚣

アオズの記事を書こうと思いつつも長くなりそうなので……



はいはい、というわけで別のものにしませう


S.dehaani1
Scolopendra dehaani (ベトナムレッドレッグ)




まだまだ小さい個体です。国産人間の鼎からすれば恐怖の巨大ムカデですがね


大型と言えば、沖縄のトビズとか欲しいのですがねぇ、宮古では振られてしまいましたし。いつかまた採りに行きたいです







S.dehaani3

鼎恒例のハンドリング


ムカデのハンドリングは割と簡単。某Sさんも仰られているように、機嫌を損ねなければできます。アオズならもう素手捕獲を敢行する鼎であります



とはいえ、ベトナムはやっぱり怖いですけどね。竹製のピンセットで救い上げたやつを手に乗せる感じです。マジこわい



S.dehaani2
伸ばして20cmといったところでしょうか。30になるまであとどれくらいの時間が必要なのでしょうか




こいつを使って大型ムカデに慣れておこう、という目的もあったりしたのですが、やはり飼育下での取り扱いと屋外での取り扱いは異なりますので、完全に観賞用・来客者威嚇用となっております


やはり日本本土産のムカデと比べて圧倒的な巨体ですから、飼いごたえがあります。そして普通の人はびっくりして逃走します




初めて実物を見たとき、ものすごく異質な生き物に感じました。トビズと違って丸っこいですし、ぶくぶくとでぶですし。脇腹のあたりなんか気持ち悪いとすら感じました。今は慣れましたが。これはこれで素晴らしい





エサはデュビアを使用。ピンクマウスは死亡した初代ベトナムの経験的に、食べ残しが多いこと、そして恐らく落ちやすくなると思われ。やっぱり虫ですね







最近は暑くなってきたためか、夜になると出てきていることが多く、勉強に疲れたときにケージを覗いたらででーんと構えていたりして、楽しいです。動いているところを見ると、本当に感心します。ムカデの肢の動きは素晴らしいです




もっと多くの人に関心を持ってもらいたいのですがね。ムカデの素晴らしさとか美しさとかそういうことをもっと理解してほしいのですが、所詮は気持ち悪くて猛毒を持った凶暴な生物ですからね。毛嫌いされましょう





そういうわけで「何か変な生き物を飼いたいな」とか言っている人には激しくオススメしない生き物であります。サソリとかよりは動きがあって楽しいのですがね




サソリモドキを飼って、どうぞ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして
ムカデのブログないかな~なんて思っていたら見つけてしまいました笑
なかなか興味深く面白かったです。友人曰く宮古島は生物の密度が少ないようで他の島ならもう少しムカデとれたんじゃないかな?と思います。これからも更新期待しております笑

Re: No title

コメントありがとうございます。はじめまして、鼎です

> ムカデのブログないかな~なんて思っていたら見つけてしまいました笑

本当はいろんな生き物記事になるはずだったんですがね(笑) なにぶんムカデが多くて……

ちなみに実はいもむしさんのブログは拝見しております。ヤンバル捕獲した方ですよね?

実に羨ましい……ヤンバルは普通のムカデと同様、朽木の皮の下や石の下でも採れますかね(疑問)


>宮古島

でしょうね。あの島の生き物の生息密度が高いとはとてもではありませんが思えません。まぁ、タイワンオオムカデが捕獲できただけでもよしとします()

ちなみにわたしはどうにも南の島ではムカデ運がないらしく、二回行った奄美でもアオズ五匹しか採れていません。代わりにヘビをよく見ます。ムカデとヘビは仲悪いですから……


これからもよろしくお願いいたしますね

No title

厳しいことを言ってしまいますが採集家に場所、採り方を聞くのはNGだと思います。
ブログをご覧になられたのならお分かりいただけると思いますが、近年沖縄本島、諸島の採集場所はすっかり荒らされてしまいました。自分の一言で朽木が必要以上に破壊されたり、石をひっくり返してそのままにされてしまったりということになりますと悔やんでも悔やみきれないですのでネットで知り合った方に安易に教えるということはしたくありません。場所決めも日時も方法もひっくるめて採集の醍醐味だと思います。これは採集家としての最低限のマナーと思っておりますスイマセン。

余談になりますが、ヤンバルオオムカデといわれるムカデはかなり素早いです。トビズやタイワンとは比べ物にならないです。加えて臆病な気もします。ネットでは様々な嘘や本当のことが書かれていますが、このあたりの生態から考察して、いそうな場所で逃さないような方法で採集する。これに尽きると思います。
ご健闘を祈ります。

Re: No title

いえ、まったくの正論です。そもそも面と向かってならまだしも、こういった不特定多数の方に見られる公の場で質問したこちらに非があります。申し訳ありませんでした。
というか、南西諸島で朽木を壊すという方法そのものが間違っているわけでして(宮古では特に害なしと判断して行いましたが)、いわば『ありえない』質問をしたわけです。すみませんでした。


素早くて臆病。これだけでもありがたい情報です。わたしは一つの仮説を持っていまして、それを実証したいのです。
ありがとうございました。
プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。