スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

japonicaだけどJapanだけじゃない②

久々の短期投稿です



さて、続きましては奄美大島産のアオズでございます



奄美のアオズは……


S.japonica amami


これです。肢がきれいなエメラルドグリーンで、胴体背板はどことなくアオムカデちっく。曳航肢基部は本土のものは赤いのですが、奄美のものは黄色というかオレンジです


台湾とかのアオズがどんなものかは分かりませんが、これなら他の種と間違えるかもしれません。というのも、台湾とカンボジアのアオズは当初はアオムカデだと思われていたそうで……



実に美しいです。ちなみにベビーはこんなん


S.japonica amami3


まるでアオムカデですが、やはりアオズの面影があります。そして青い……青からエメラルドグリーンに変化するこの素晴らしさ。宝石のように美しく、ガラスのように透き通っています。こんなに綺麗なのに……ザコ扱いですよ。もったいない




ちなみに奄美にはもう1タイプ、アオズがいます。これです



S.japonica amami1


以前、抱卵したときに記事にしたタイプです。全身が黒く、肢が黄色です。この個体は若干緑もありますが……このタイプのアオズは沖縄本島にもいるそうなので、恐らく琉球に普通にいるタイプなのでしょう。これを琉球I型と鼎は呼称しています。このタイプのものの話はまた今度にして……



S.japonica amami2


綺麗ですよねぇ。ちなみにこのタイプはトカラにもいるということなので(大学の研究でゴキの調査に行った先輩が写真を見せてくださった)、鼎はトカラ・奄美型と呼称しています。トカラのやつ、色が若干薄かったです。確か諏訪瀬島産だったかな




ちなみにトカラは調査目的を除いては全島採集禁止なので、この記事を読んで欲しくなったとしても決して採集に行ってはいけません






まぁ、ヤンバルと間違えて捕まえてガックリする気持ちは分かりますよ。でも、アオズだからといってザコ扱いするのはもったいないくらいの美しさではありませんか



大きさが悪いんだ……大きさを重視する奴らが悪いんだ……






なんかあっさりめの記事ですが、まぁ、書くことあんまりないんですよね。アオズの良さを教育してやるなんて言ったは良いのですが、やはり写真とか現物ないと……文章では伝えにくいや。まぁ、産地ごとに様々なカラバリがあるアオズの良さを知っていただければ幸いです





なんか〆のようなことを書いてますが、実はまだ続きがありますよ、もちろん……もっとも、奄美以外の琉球I型の生息地に行ったことがないので何とも言えないのが残念ですが
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。

アオズは確かにトビズと比べたら小型なので、デカさを求めてる人には少し物足りないのかも知れませんね。

小さいと言っても10㎝ちょいぐらいまでは成長するし性格もトビズと比べたら狂暴なので僕は両方大好きです。

詳しい場所は乱獲防止のため言えませんが、鹿児島県の大隅地方南端や薩摩地方南端の海辺周辺の山々に生息しているトビズやアオズは、海からの暖流の影響を受けているせいなのか探せば平均サイズよりやたら大型の個体が多いような気がします。

僕は鹿児島南端地域メインでムカデを採集してますが、こちらのトビズはイエローレッグタイプが多くて逆にレッドレッグタイプは少ないですね。

あと、冬に山で朽木採集をすればトビズムカデよりアオズムカデの方が発見できる確率が高いです。

このコメントだけでは嘘か本当かは分からないと思いますので、主さんが今度鹿児島県に帰って来たとき暇があれば是非とも実際に行って確認してみて下さい。

特に大隅地方最南端地域は亜熱帯性の植物が生い茂る程温暖な場所なので山に入れば短時間で様々なムカデ類に出会えると思います。

応援してますのでブログ更新頑張って下さい!!




Re: おはようございます。

返信遅れてしまい申し訳ありませんorz


> 鹿児島県の大隅地方南端や薩摩地方南端の海辺周辺の山々に生息しているトビズやアオズは、海からの暖流の影響を受けているせいなのか探せば平均サイズよりやたら大型の個体が多いような気がします。

南薩や大隅ではまだ採集したことがないので、帰ったら行ってみようと思います。ちなみに次回の記事のネタの沖縄産アオズは大型の系統であるそうです



> あと、冬に山で朽木採集をすればトビズムカデよりアオズムカデの方が発見できる確率が高いです。

というより、トビズはアオズより住処襲撃で採集できる数が少ない気がします。トビズはルッキングで勝負でしょうか



あと十日ほどしたら小笠原にてムカデ観察をしてきたいと思います。そのときをお楽しみに

こんにちはです。

わざわざ返事ありがとうございます。

鹿児島県の南大隅の方は自然が豊かで年中温暖かつ山も多いので、調べる価値は絶対にありますよね!?

小笠原!!めちゃいいですね。
小笠原産のムカデはあまり通販でも見掛けることがありませんのでupを楽しみにしています!!

僕はムカデ全般好きなので主さんのブログは毎回楽しみにしてます。
プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。