スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな餌の可能性

グロ注意


グロい(グロ生物的な意味ではない)のが苦手、とある生物が盲目的に好きでその生物が愛玩されていないと発狂して通報するような愛誤のお方は見ない方がお互いのためです









餌生物といえば、マウスやコオロギ、ゴキブリ等が一般的なのでしょうが、鼎のゴキ養殖場はちょっとした手違いで10センチを超えるムカデに安定して餌を供給することが出来なくなってしまいました


これは困りました。何か良い手はありませんかね




そんなことを考えながら夜の散歩をしていますと、壁をちょろちょろと走る影……





そういや、ヤモリって餌生物に含まれているよなぁ……







そんなわけで、ちょっとばかし実験をすることに




使うのはこのミナミヤモリ(多分)
yamori

鹿児島だと普通にいるヤモリ。鼎の実家は北過ぎるのか、ニホンヤモリさえ見ないので、ヤモリはあったかいところの生き物という印象が強いです



ところでニホンヤモリは古い時代に大陸から帰化した種だそうなんですが、外来なのに日本ってついているのけっこういますよね。いや、元を正せば生物なんてみんな外来なんでしょうが



ヤモリやゴキブリの話ですが、オガサワラ~てついている種は、別に小笠原固有種でもない、むしろ小笠原では外来なのになんで小笠原なんでしょうね。人名でしょうか。誰か教えてください







それはさておき、ヤモリですよ



ヤモリはやろうと思えば一年を通して供給可能ですし、夏に乱獲して冷凍しておけばいつでも使えます。供給面に関しては問題ありませんね



マウスほどこってりではない(と思う)ので、ムカデに与えても落ちたりはしないでしょう。というか、南の大型種なんかは結構食べてそうなイメージ



こりゃあ使えるでしょう。使えなきゃおかしいレベルです


















と、ここで問題発生。喰わせようと思っていたベトナムさんが食べませんよ






どうしたというのか。最近餌を食べてくれません。脱皮するのですかね






このヤモリどうすんだよ。トビズが喰うにはでかいし、トビズさんはこないだなけなしのローチ喰ってたよ



























答)イサにゃん
Isanyan

普通に喰いました






翌日、ケースにはほとんど喰われた哀れなヤモリの姿が……





これはいけるかも知れない。世の中にはトカゲ食のヘビのために冷凍ヤモリというのが出回っておりますが、買うより捕獲してきて冷凍したほうが安上がりな気がします



ボリュームもありますし、食べ残しは一回り小さい個体に与えれば綺麗に処理できましょう







そんなわけで、昨日、シダ盗掘のついでにまたヤモリ狩りを決行





餓えていたファーストオガサワラオオムカデにプレゼントです

S.s.subspinipes vs Gekko

S.s.subspinipes8895623

Gekko2


恐ろしい……そしてヤモリは……



ahare





オガサワラオオムカデはこんな状態に



S.s.subspinipes5555555


S.s.subsinipes88888888888


S.s.subspinipes8941314314


大変満腹そうですな。どうでも良いのですが、イサにゃんと脇腹の色が違いますね。同種でも差があるようです






その後、食べ残しのヤモリ下半身は別のオガサワラオオムカデが処理しまして……


ahare2

こうなりました







これは大変便利ですね








そんなわけで、またしてもヤモリ狩りをしてきて、二匹捕獲したのですが……




一匹は遊びで差し出したちびカーペットパイソンに呑まれてしまいました……寄生虫がぁぁぁぁぁぁ!!




残る一匹は現在進行形でムカデに喰われています。合掌











まぁ、そんなわけで爬虫類が大好きな鼎でもヤモリは餌にするという記事でした。ぶっちゃけて言うと、鼎は生き物を餌と愛玩とに割り切れる性格なので、爬虫類好きだからヤモリを餌にするなんてできないよ。なんて残酷なんだ、という意見は理解しかねます



極端な話、カナヘビやニホントカゲは大切にしますが、特定外来生物のアノールといったものなら殺すこともできます。人間とは勝手ですね。鼎の持論ですが、野生動物と野良動物、愛玩動物は区別するべきです


野生動物、野良には愛玩と同様に可愛がって餌をあげたりしない。野良は自然から排除する。それを間違える人がいる限り、不幸な野良動物は生まれ続けるでしょう。鼎が言えた義理ではありませんが











それはさておき、ヤモリに餌としての無限の可能性を見出した鼎でした。これは夏に乱獲不可避




久々に採集記事以外で長文を書いてしまった……
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。