貧乏学生の離島二人旅@小笠原ぱーと⑦

五日目



この日、鼎はゆっくりでした



というのも、前日の脱力感疲労を引きずっており、なんかもう満足していたのです。ムカデ四匹も捕獲観察できましたし……




そんなわけで起床したのは午前十時という遅さ。そのくつろぎようは、まるで父方の実家のようです



あーでもない、こーでもない、とぐだぐだしていたのですが、ふと、鼎の中の戦いの神がこう呟いたのです





きみはこんな結末で良いのか、と。きみは戦いに牙を取り戻したいのではなかったのか。このような結末は決してわたしが望むものではないッ!!







いいだろう。少し遊んでやろうではありませんか



そんなわけで、ベッドから出て、自転車を借りて旭山へ行くことにしました


チチジマネブト狙いです、はい



ここにきて新兵器『電動サイクル』を導入



tyari

鼎とこの日の相棒



普通の自転車より高いですが、その破壊力はお墨付きです。普通の自転車なら押して歩くような坂を、時速18キロで進んでいきます


足も軽い……文明って凄い!!




syuugo

あっさり旭山入口に到着。大丈夫だよね? クワガタ採って良いよね?



しかし、よくみるとどうも採ってはいけなさそう……そんなぁ






asahiyamatotu

しかし、行く




道中、様々な観光客とすれ違います。網持って投入している鼎はやはり変人です




まぁ、なんかおっこちてた木を返してみたら幼虫出てきたりしました。写真どこいった……





asahiyamasantyo


あとは頭の沸いたような所にある展望台に行ったり




santyo

今回の旅のベストショット。不良のようなポーズと表情なのに着ている服が痛い鼎が素敵()




kesiki

景色は最高です。我々の宿泊施設があんなに小さく……





南峰にも行きました



umanose

明らかに観光客向けではない道。殺す気満々である



なお、こんな場所でアゲハを走って追いかけていた鼎でしとさ。マジで死ぬ一歩手前


ナミアゲハでしたけど……なんでリュウキュウムラサキがいないんや!!


キアゲハらしき影もありましたが、捕獲できず……ちくしょう





minamimune


kesiki2

景色は綺麗でした








というわけで、下山して退却することにしました



途中、ヤギが道に出てきてびっくりしたのですが、それからしばらく進んだ先にヤギ注意の看板があり(行きのときにはなかった。どうも一つしか置いてないらしい)、先に言っとけや、と思った鼎です
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR