スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもの

音よりも壁かなんかをドラム感覚で叩かれることの方がうざったいのではないかと思う鼎です



対抗して、ちょっと布団パンパンしてきます





それはどうでもよろしい。ちょっと新耳袋SP『ぎぃ』を見て「おい、お風呂回じゃねぇのかよ」と軽くキレそうになりました。キレるとこが違う気がしてなりません











S.gigantea?

Scolopendra gigantea? "orange leg"



脱皮して若干大きくなり、肢も伸びました。しかしトロ臭いところは変わりません。サブスピ一族の機動性を見習ってほしいものです



まぁ、最大サイズのこいつらがあの巨体でぐねんぐねん動き回ったら最早ただのSFかパニック映画ですが……肢開いた幅が指四本分以上とか頭おかしいよ





そんなわけでだらだらと自堕落に過ごしていますと、遂にこれが出てきたわけです







Oga

Figulus boninensis




まだ完全に硬化していないのに蛹室から出すという鼎得意の鬼畜技『事故』を発動。正直、すまないと思っています



え、これが何かですって?





テーレッテレー)オガサワラチビクワガタ




あまり見慣れない生き物ですが、これでもクワガタムシです



雄雌に差がぶっちゃけないという、もうクワガタムシじゃねぇなこれ。しかも肉食ですし




小笠原から拉致してきた幼虫は鼎のネブトになれネブトになれという呪詛にも似た怨念のようなもの希望を見事に打ち砕いてチビクワになりました


いやね……現地で見た時からそんな予感はしていたんですよ、えぇ。ケツ大きくありませんでしたし……これ多分チビだよなぁとは思っていましたよ




一応小笠原の固有種ではありますが……まぁ、いいでしょう。次行ったときにネブト採ればいいんです





あと数匹ばかし幼虫はいるので、累代出来るかと思います






来月から鼎はちょっとシカキチになろうかと思います。というのも、最近何故かシカクワ熱が再燃してしまいまして、アマシカどころか外産シカクワにも手を出しそうな勢いです


アマシカは採っちゃいけないので、ブリード個体の購入になるかと思います。くそぅ


鼎がアマシカ好きという事実は実はあまり知られていないことだったりします


























ちなみに鼎、来年から研究室の関係で奄美通いになるかも知れません
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。