スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

己のルーツを探る

ここで一つ、鼎のキャラ萌え特性について


銀髪である(テストに出ます)
紅眼である(重要なファクターです)
吸血鬼である(必要十分条件)
・(そこそこ)乙πぷるーんぷるんである(十分条件です)
蝙蝠系の翼持ちである(十分条件)




どうしてこうなった……なんでこの嗜好になったのか



ときどき自分でも考えるのですが、分かりません。何故、ドイツ人=銀髪という方程式が二次元の世界で成り立っているかの理由くらい分かりません



ここに該当するキャラとしては『ロザバン』の裏モカ様『女王蜂』のリコ様が筆頭として挙げられるのですが、残念ながら鼎がロザバンや女王蜂を知った頃には既にこの嗜好が形成されていました



そもそも、鼎の吸血鬼嗜好はどこから始まったのでしょうか。一体、いつから……



疑問に思い、自分の歴史を紐解こうと過去の日記を出してみました。しかし、手掛かりはありませんでした



小学校の頃、授業で書いた作文はどうかと思って脳内検索をしたところ、該当する項目はなし




いよいよ、これは中学校の頃が始まりという結論に落ち着き、厨二病が発端ということにしました。思えば、あの頃と高校時代はひたすら吸血鬼に憧れていた気がします。吸血鬼になりたいとか思っていたような気がします




まぁ、恐らく鼎が土葬されない限りなることはないでしょう。なるとしたらストリゴイイあたりでしょうか。赤髪と青眼(片方の瞼は閉じている)ですねわかります




ファンタジーじゃない方の吸血鬼は種類とかいろいろあって面白いです。どっちも好きですけれどね







まぁ、多分、コウモリが好き→吸血鬼好きになったのではないかと思いますが、銀髪と紅眼は不明のままです




今度、中学校の頃の友人にでも訊いてみますかね














もし自叙伝を出すような存在になったとしても、あの時代のことはなかったことにしたい……
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。