マーケット・ガーデン作戦~2016年最後の採集・我々は南の地の奇跡を見た~⑥

夜が訪れました。9/24の夜


沢を登って降りて、一休みして、また登る。それの繰り返し


しかし、ムカデの姿はありません。もう、いよいよダメか……これはだめかもわからんね





rturtjurtjurt

ベビーはいました。何気に出歩いているやつみたのはこれが初めてですね。このあと急流に落ちて潜っていきました





ttyuioihh

いつでもいる癒し系






今までにはない、確かな手ごたえを感じましたが、しかし半分心折れて「明日はゆっくりしよう」とAに言ったのでした……





運命の時間まで24時間を切っていた……

マーケット・ガーデン作戦~2016年最後の採集・我々は南の地の奇跡を見た~⑤

翌日。昨夜の何もなかった状況に少し焦りを覚えました。これはいよいよいつもの敗退コースなのではないだろうか……あと残された時間は実質二晩……



昼に沢を攻略しますが、しかし何もない……



某所で大型個体の冷凍死体を見せてもらい、やややる気を持ち直しますが……





gdssgsda


と、夕刻に二重の虹が現れました。虹が出た時は何か良いことがあるというジンクス(思い込み)で期待値が上がります




ことここに至っては場所を変える他ありません。度々目撃情報があり、かつ我々の初めての山原でスルーした場所へと向かいます。ベビーはぼこぼこ出てきました








これはいけるかもしれない。さぁ、仮眠して夜に備えましょう……

マーケット・ガーデン作戦~2016年最後の採集・我々は南の地の奇跡を見た~④

だいぶ時間空きましたね。もう半年前のネタです

二日目ですかね。夜は普通に林道流しをしましたが、何もいませんでした


おわり

マーケット・ガーデン作戦~2016年最後の採集・我々は南の地の奇跡を見た~③

9/23



昨夜の興奮も覚めぬまま、昼過ぎに覚醒した我々一行は再び山原へと遡上を開始した




ヤンバルポイントを強襲するも影も形もなかったので、今夜は林道流しをしてみたいと思い、そのために昼に林道の下見をすることに




林道の入り口に入る。今年から山原は村営の林道は夜間通行止めであるが、県営は大丈夫なので、今夜は県営の林道を流すことにする。村営のは通行許可証が間に合わなかった……




鼎「実は昼にもマルバネが林道を歩いている姿が目撃されている」

A「へぇ」

鼎「まぁ、そう簡単にはいくまい。それに昼のマルバネは邪道という人も……」







そう口にした僕は、林道の入り口すぐの道路の真ん中をてこてこ歩く、黒い影を見逃さなかった











鼎「マルバネだッ!! 停めて!!」









慌てて急ブレーキを踏んだA。止まるや否や、猛スピードで林道に躍り出た僕はそこに黒い甲虫を目の当たりにした








gfdsagasgag


マルバネだ。昨晩のものより断然小さい、小歯に近い中歯といった個体だろうが、紛れもなくオキマルの雄だ。脚が一本欠けているが、何者かに襲撃されたのだろうか……?





まさかの連続でマルバネが降臨したことに興奮を隠せないぼく。これがシーズンの威力なのか。去年までの戦死はなんだったのか






こうまで出てくるとAもマルバネへの稀少感が薄れてしまったようである。まぁこれが初めてですし、彼





その後、踏まれないことを確認してから出発。気分は高揚である







それから少ししたくらい、またしても林道の真ん中を何かが過っているのを確認した。細長い。ヘビであろう。しかしあのオレンジに黒と白のリングは……







鼎「は、ハイだ!!」







またしても凄まじい勢いで車外へ飛び出し、逃げようとするそれを掴む




herhrawarharh


2014年4月以来のハイである。素晴らしい









思わぬ大戦果にウキウキしながら、今夜はどうなるのだろうと思いつつ、我々は夜を待ったのだった

マーケット・ガーデン作戦~2016年最後の採集・我々は南の地の奇跡を見た~②

9/22


午後16時前頃、もう何度も目にしてきた、しかし何度見ても堪らなく愛おしくて興奮を掻き立てる、あの影が見えてきました




gdsgsagadsgasd


「最大船速!!飛ばせ!!もっとだ!!もっともっと!!エンジンが焼け落ちるまで回せ!!もっともっと!!突っ走れ!!突っ走れ!!あの幽かに見える樹林の樹冠へと向かって突っ走れ!!突っ走れ!!突っ走れ!!今でも思い出すあの喧騒と大打撃へと向かって突っ走れ!!」




Aと合流し、一路は山原へ。少佐のいない山原は初めてですね。しかし、いつもの儀式は済ませておきます



hjdjdhdjhdjh


山原到着。実家のような安心感





そして陽が暮れ、Aにお願いして出撃!!




山原はぼくの方が経験値が高いので、まずはAに教えたもののクワガタが採れなかったという場所へ。実はこの場所ではいつもヒラタやコクワ、そして2014年にマルバネを見ているのです





そしてその場所へ。隅に車を停め、歩いて見ていきます。なんか新鮮な気分……




そして過去にマルバネが採られた木に恒例の挨拶。今年もお世話になります




で、歩を進めると、やはりいつものようにクワガタがいます




鼎「ほら、いた。ヒラタと……コクワのメスかな?」
A「ほんとだ」



夢中でクワガタを拾いますが、ボロボロ落ちてしまい、そこそこ立派なヒラタの雄くらいしか採れず




A「ほんとにいたね」
鼎「ね、いるでしょ。運が良いとマルバネも……」






そう言って先を照らしたのです。そう、先を進むべく、何気なく……














そこに、それはいました。林道の隅。それはこちらにお尻を向けて歩いていました











嗚呼、2014年9月の初めてのマルバネ狙いの林道流し。そこで幾度となく騙されてきたカタツムリや落ち葉とは一発で違うと断言できるもの。黒く光るもの。甲虫の輝き







しかし、ヒラタやその他の甲虫と違う、圧倒的な存在感……その巨体……その正体を、脳がオーバーヒートするのではないかという普段からは絶対に考えられない速度で叩き出す!!













鼎「マルバネだッ!!」











電撃が体を貫いた。弾かれたように前に飛び出し、電池僅かなぼんやりとした灯りの中を意に介した様子もなく歩みを進めるそれに手を伸ばし――2月に突如として決まった「種の保存法指定種」という単語が過り、力なく手を降ろし――しかし、止めることの出来ない衝動が全身を駆け巡り、夜の林道に絶叫した……






jhjdjrghhteahthta



dsjgyhjdhjsdgdg


それは咆哮であった。力の限り叫んだ。叫ぶなと言う方が無理だとそのとき思った。そこにいて、歩みを止めてこちらに顎を振りかざすソレは紛れもなく、オキナワマルバネの雄だったのだ……それも、大歯。立派な大歯。2014年に見たものを遥かに凌駕する大きさ。間違いなく、ぼくが見付けたクワガタでも最大のボリュームだった。こんなクワガタ、見たことない







筆舌に尽くしがたいとはこのことをいうのだろう。ぼくは虫屋ではない。クワガタも小学生に毛が生えた程度の知識しかない。しかし、それでも、マルバネは特別だ。小学生の頃、山口氏の図鑑で見てから憧れた南西諸島での採集。シカクワと並ぶ個人的南西諸島クワガタの一角。沖縄クワガタの王者。2014年からずっと毎日、呪詛のようにその名を呟いてきた存在




それが、今、こうして、ぼくの目の前に、ぼくが見付けられた!!






膝が震える。地に伏した。きっと、彼は間違いなく60mmはあっただろう。いや、65mmは固いかもしれない。そして、運命を呪った。何故、今日が2016年だったのだ……!!





Aもまさかマルバネが、それも初日に、大歯が、作戦開始から一時間も経たずして現れるとは想像もしていなかったようで、ぼそっと呟いた



「マルバネってそんなに珍しいのかよ」と……













その後のことはあまりよく覚えていない。戦略目的の一つである大型ヤンバルオオムカデを狙いに行って常連のアオイシカワの子供を見たり、初めて見たから何気なく採った虫が実は珍品のゴマダラオオヒゲナガゾウムシの♀だったりしたくらいです





sfagfrgtrhthj



adsadsafafas






この日、いきなりの大戦果で幸先良いなと思いつつ、これで運を使い果たしたのではないか、という不安に苛まれながら、ぼくは眠りについたのでした……






無論、眠りに就くまでマルバネの写真を見ていたことは言うまでもない……
プロフィール

鼎

Author:鼎
ふとしたきっかけからオオムカデに片足を突っ込んでしまった人

主にムカデと妄言がメインのブログ


なおリンクフリーです(リンク貼りたい奇特な人向け)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
モリに入ったヒト
今モリのナカにいるヒト
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR